シャネル|アクセサリーの年式を見分ける判断方法

ブランド品の中古アイテムを購入する時に気になることは、下記の3点ではないでしょうか?

  1. 発売時期(年式)
  2. 価格(定価からどれだけ安いか)
  3. 見た目のキレイさ、コンディション(傷、汚れなど)

価格はインターネットからでも情報が得られ、コンディションはじっくり見ればわかりますが、発売時期を知るにはどうしたらよいのでしょうか?
今回は、大人気のシャネルのファッションアクセサリーについて年式を見分ける判断の方法についてご紹介します。


その前に、お伝えしておきたいことがございます。

今回の見分け方は、「コスチューム ジュエリー」は一部を除いて見分ける事ができますが、いわゆる「ファイン ジュエリー」には当てはまりません。

  • ファイン ジュエリー
    英語で記載すると「FINE JEWELRY」。つまり、「上質な装飾品」という意味になります。一般的に、素材を貴金属と天然石を使用した装飾品を指し、例えば、18金、プラチナなどの金素材、ダイヤモンドや天然真珠などを使用したアイテムが上がります。
  • コスチューム ジュエリー
    一般的に、素材の質より、デザインを重視したアクセサリーを指します。素材は、真鍮などの合成金属、ラインストーンなどのダイヤモンド類似石、淡水真珠などの養殖真珠が使用されるケースが多いです。

宝飾品に知識がある方は、もうお分かりと思いますが、18金やプラチナなどは、素材を表す「品位」が刻印されています。例えば、18金のピンクゴールドであれば、「18KPG」になります。対して、コスチュームジュエリーには、もともと貴金属が使用されていないことが多い為、素材以外の情報が刻印されていることがあります。ここがポイントです。

それでは、「シャネルのコスチューム ジュエリー」の年式の違いを判断する方法を説明します。


刻印を探す

▼シャネル リングの刻印

▼シャネル ネックレスの刻印

刻印の場所は、アイテム毎にそれぞれ違いますが、リングであれば内側、ネックレスであれば留め具の金具やトップの裏側についていることが多いです。

 

年式を読み取る

刻印されている内容が、年式を判断するポイントと言われています。写真の商品であれば、左に「B14」、右に「V」が刻印されています。

「左側=西暦」 「右側=シーズン」を指すといわれています。
西暦は08であれば、2008年製造を指します。

「右側」のシーズンは、下記の内容でおおよそ見極めれると言われています。
V=定番
C=クルーズ
P=春夏
A=秋冬
※年式が記載されていない商品もある為、すべての商品を見分けることはできません。

ここまでいかがでしたでしょうか?
すべてが、ここまでの判断方法に該当するわけではございませんが、
ご参考になれば幸いです。
早速、ご使用になられているシャネルのアクセサリーを確認してみましょう!

SHARE THIS ARTICLE