エルメス アクセサリーの魅力|定番とおすすめアイテムをご紹介

■エルメスのアクセサリー

エルメスと言えば革製品を連想する方が多いかも知れません。
実はエルメスはアクセサリーにおいても名品と呼ばれるアイテムがたくさんあります。

今回はその魅力と、その中でも人気のアイテムをご紹介いたします。

■エルメス アクセサリーの魅力

エルメスのアクセサリーはブランドとしての人気もありますが、身に着けた時の上品さも魅力の一つです。

また、定番の古典的なデザインだけではなく、常に新しいデザインを生み出し続けていることも多くの人を惹きつける理由だと思います。

ブランドが掲げる年間テーマをイメージして、以前から発売されているアイテムに新しくデザインを加えることは、珍しくありません。

ただし、そこにエルメスだけが持ち合わせる”デザイン性の高さ”や”気品”、”風格”が兼ね備わることで、一過性のトレンドにとどまらない魅力を感じることができるのではないでしょうか。

■エルメス アクセサリーのおすすめアイテム

シェーヌダンクル

1938年に、ロベール・デュマ・エルメスが船の錨の金具にインスピレーションを受け、そのデザインをもとにブレスレットを製作したことが起源となります。

以降、デザインや素材などをアレンジしながら、エルメスのファッションジュエリーのアイコニックな存在として現在でも展開されています。

シェーヌダンクルパンク

クリエイティブ ディレクターであるピエール・アルディによって、生み出されたネックレス。

1970年代の熱狂的な若者のシンボルであった安全ピンとシェーヌダンクルのモチーフをかけ合わせた、エレガントかつパンキッシュなデザインが特徴的です。

コリエ ド シアン

20世紀はじめにエルメスは犬の首輪を製作し、その過程で猟犬をエレガントに守る為のデザインとして、スタッズ、鈴、プレシャスレザーを使用したものなど、様々なデザインを生みだしました。

その中から、丸みを帯びたピラミッド型とリング付きのベルトを製作し、その後一切の無駄を省き、ブレスレットとして生まれ変わりました。

これがコリエ・ド・シアンの起源となります。

現在においては、ブレスレットだけでなく、リングやキーホルダーなどにもモチーフにされています。

▼キーホルダー(コリエ ド シアン カデナ)

▼リング(コリエ ド シアン リング)

アッシュ(H) シリーズ

エルメスの頭文字”H”をモチーフにしたシリーズ。

現行のデザインは丸みを帯びた”POP H(ポップ アッシュ)”というデザインですが、以前のモデルは四角い立方体のデザインでした。
デザインの変更によって、より女性らしいモチーフとして生まれ変わっています。

▼POP H(ポップ アッシュ)
 

▼CAGE’D H(ケージ ド アッシュ)

 

ケリー ブレスレット

ケリーバッグの金具をモチーフにしたブレスレット。

幅は細身で作られている為、腕に巻いた時に女性らしさが演出されます。

■ 最後に

数あるブランドの中においても革製品のイメージが強いエルメスですが、アクセサリーにおいても人気のアイテムはたくさんあります。

ぜひ、お気に入りのエルメスのアクセサリーを探してみて下さい。

SHARE THIS ARTICLE