【ゴヤール サンルイ】買取のプロがゴヤールのトートバッグ”サンルイ”を徹底解説

■GOYARD(ゴヤール)について

創業の歴史

ゴヤールディンと呼ばれるヘリンボーン柄がプリントされたキャンバス地が特徴のゴヤール。
多くの人が一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?


今では日本でも定着し人気上昇中のブランドの一つです。そんなゴヤールの歴史とアイテムの特徴を解説していきます。

ゴヤールの創業は今から200年以上遡った1792年です。ルイ・ヴィトンの創業年がは1854年なので、メゾンブランドの中でも歴史のある老舗ブランドといえます。

創業当時は、現在の「ゴヤール」という名称ではありませんでした。ピエール・フランソワ・マルタンが創業した「メゾン・マルタン」という旅行鞄のブランドが発祥となります。

その後、「メゾン・マルタン」は、高い技術による確かな品質と、バリエーション豊富なラインナップにより、当時のフランス貴族を中心に人気が広がっていきます。その人気は、フランスの王族に重用されるほどでした。

メゾンの後継者とゴヤールの誕生

現在のゴヤールのバッグといえば、独特なヘリンボーン柄のデザインのゴヤールディンと丈夫なコーティングキャンバス加工が特徴といえます。

しかし、このゴヤールディンは創業時にはなかったデザインです。
考案したのは、4代目の社長のエドモン・ゴヤールでした。

1834年に、現在の直営店が位置するサントノーレ通りにアトリエを移し、活動を広げていきますが、ピエール・フランソワ・マルタンには後継ぎがいませんでした。

そこで、当時の従業員であったルイ・アンリ・モレルを後継者として育て、会社を引継ぎましたが、不幸なことに、モレルは1852年にこの世を去ってしまいます。

そして、次の後継者となったのが、当時17歳の少年だったフランソワ・ゴヤールでした。彼は1856年から30年をかけて、受け継いだ会社をさらに成長させ、息子であるエドモン・ゴヤールにバトンを引渡し、現代のゴヤールの特徴となったゴヤールディンが誕生します。

 

ゴヤールとしての世界的な発展

1886年に事業を受け継いだエドモン・ゴヤールが、先代までの経営者たちと異なる点は「事業の拡大」に積極的であったことです。彼は、自身の会社の製品を「広告」と「規模の拡大」によって世界的なブランドへ育てました。

まず、「広告」という点では、1900年のパリ万博、1906年のミラノ博覧会、1908年のロンドンの英仏博覧会に出展し、それぞれ銀賞・金賞を受賞しています。

万博は、”芸術”と”技術”という点で、世界各国から優れた品物が集まり評価がされるイベントです。
WEBなどでさまざまな情報を知ることができる現代と違い、
20世紀初頭に万博で受賞するということは世に知られるための絶好のPRとなりました。

次に「規模の拡大」ですが、万博での受賞を皮切りにフランスに3店舗、ロンドンやニューヨークにも販売店舗を構え世界的に事業の展開します。

「万博へ出展」→「賞を受賞」→「販売店舗の増加」という販路拡大までの流れは、なにもゴヤールに限ったことではありません。
ルイ・ヴィトンやエルメスも1800年代の後半に出展し受賞。その後世界的に店舗を増やしていきます。


つまり、当時のメゾンブランドが世界的に成功するためには、「万博で受賞」ということが、重要な要素だったと言えるのではないでしょうか。

■サンルイとは


ゴヤールのバッグと聞いて、まずイメージされるのがこのサンルイと呼ばれるトートバッグではないでしょうか?
日本で正規代理店が展開された2000年頃に、国内のファッションデザイナーやアーティストたちが、このサンルイの使用をきっかけに急速に人気が高まりました。

使用シーン

カジュアルからビジネスまで幅広く使用できることが特徴です。
総柄のデザインはカジュアルな装いになりがちですが、そこは歴史あるメゾンブランドのアイテム。
高級感が損なわれることはありません。

魅力

ゴヤールディンを用いた軽量で丈夫な品質。
カジュアル、モード、フォーマルなどさまざまなスタイルにもフィットするデザインで、流行に左右されることがないブランドイメージが魅力といえます。
デイリーアイテムだからこそ、お気に入りのバッグを長く使いたい、という方にオススメです。

■ゴヤールサンルイのサイズと重さをチェック

PMとGM

サンルイには、PMGM2種類のサイズ展開があります。
幅・高さが大きく異なる為、入れる中身の量や、体型に合わせて選んでみてはいかがでしょうか

サンルイPMのサイズと重さ

横   底33センチ・間口47センチ
高さ  27センチ
奥行き 15センチ
重さ  280g

サンルイGMのサイズと重さ

横   底38センチ・間口52センチ
高さ  32センチ
奥行き 18センチ
重さ  330g

■サンルイのカラーバリエーションと人気色

カラーバリエーション

ゴヤールのカラーバリエーションには、大きく2つに分かれます。それは”ベーシックカラー”と”スペシャルカラー”です。
特徴は以下の内容です。それ以外のカラーがスペシャルカラーになります。

■ベーシックカラー
・ブラック、ブラック+ゴールドのコンビの2色
・定価はスペシャルカラーと比較して低い
・毎シーズン展開される代表的なカラー

■スペシャルカラー
・ベーシックカラー以外のカラーを指します
・色によっては限定販売になる為、希少性が高い場合がある。
・定価は、ベーシックカラーと比較して3割程度高い

※上記の写真は昨年の限定カラー ブラック+レッド

人気色

男女問わず使用されているサンルイ。
人気カラーは男性であれば、ブラックやグレーが比較的人気の高いカラーとなります。


女性であれば、ホワイトやブルー・シエルなどの明るいカラーが人気です。

 

■サンルイの素材

内側と外側の素材

・内側
コットンと麻が織り込まれたキャンバス生地

・外側
表面がコーティングされたキャンバス生地
特殊な技術により何層にも色を塗り重ね、深みを出しています。

■ゴヤールサンルイPM / GMの国内定価と中古価格

前述の通り、サンルイはカラーによって国内定価が異なります。
それに伴い、リユースでの流通価格も異なっています。
※国内定価は2020年3月現在の価格となります

ベーシックカラー スペシャルカラー
PM 国内定価(税抜) 127,000円 165,000円
中古価格 9万~12万円前後 11万~16万円前後
GM 国内定価(税抜) 147,000円 191,000円
中古価格 10万前後 13万前後

■ゴヤールのペイント”マーカージュ”

模様やイニシャルがペイントされているゴヤールのバッグを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
それは「マーカージュ」と呼ばれる、ゴヤール特有のサービスです。(有料となります)
ペイント作業は職人によって手作業で行われる為、同じ製品でも”自分だけのアイテム”として使うことができます。

▼赤丸の箇所がゴヤールのペイント”マカージュ”

自身の所持品であることを示すマークという機能だけでなく、自分の個性を表すファッションの楽しさを体験できるのではないでしょうか。

 

■最後に

ゴヤールは、ラグジュアリーブランドの中でも今後より注目を集めて行くと思われます。

既に販売が終了してしまった限定カラーも、リユースアイテムであれば手に入れることができるかもしれません。ぜひ、あなたのお気に入りのゴヤール・アイテムを探してみてはいかがでしょうか。

 

SHARE THIS ARTICLE