買取りから見えてくるプラダ(PRADA)の定番・人気アイテム|素材や保管方法のポイント

■プラダについて

1913年イタリア、マリオ・プラダとフラテッリ・プラダの兄弟によって「フラテッリ・プラダ」という名称でブランドが誕生しました。
その後、高品質な革製品が上流階級の人気を博し、創設から数年でイタリア王室御用達のブランドへと成長していきます。

創業者のマリオ・プラダが1958年にこの世を去り、彼の娘たちに事業が引き継がれますが、第二次世界大戦以降の人々の生活の変化によって、次第に高品質な革製品の需要が低下し、それに伴ってブランドの人気も低迷することになります。

1978年、マリオの孫娘であるミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任し、転機を迎えます。
「日常を贅沢に飾る」というコンセプトのもと、祖父であるマリオ・プラダが旅行用鞄に使用していた工業用防水ナイロンである「ポコノ」を用いてデザインした製品が世界中で大ヒット。
ブランドの人気を再燃させる契機となりました。

以降も、彼女がデザインを手掛ける上品ながらも独創性あふれるアイテムは世界中の多くの人々を魅了し続けています。

■プラダの定番アイテム

ガレリア


プラダにおけるハンドバッグの定番アイテムです。

主に型押し牛革素材であるサフィアーノレザーで製造され、型崩れがしにくいため本来の上品なフォルムのまま使い続けることができます。

パニエ

ファスナーなどが設けられていないオープンタイプのバッグの中では、比較的珍しいワンハンドルのバッグです。
横幅21センチのパニエと、17センチのミニパニエの2サイズで展開されています。

ショルダーバッグ

軽量で上部なナイロン素材「テスート」で製造されたプラダのショルダーバッグ。
カジュアルなデザインながらも、正面のプラダのロプレートが洗練された印象を与えてくれます。

■レディースに人気のアイテム

カナパ

正面にプラダのロゴを大きくあしらったアイコニックなバッグ。
マチ幅が15センチ以上あるため収納力があり、着脱可能なショルダーストラップもあることで使いやすいアイテムでもあります。

ラウンドジップファスナー 1ML506

正面にプラダのエンブレム、もしくはプレートがデザインされた長財布。
仕切りによって設けられた複数のコンパートメントや、カードポケットが12枚あり、収納力が高い構造になっています。

ナイロンバックパック

プラダのエンブレムが施された被せ蓋と、間口を絞って使用するデザインが特徴的なプラダのバックパック。
カジュアルからクラシックにもフィットする、シンプルでフェミニンなデザインが人気です。

■メンズに人気のアイテム

2つ折り財布

控えめなワンポイントタイプのロゴと、上質な牛革素材によって洗練された印象を与えるプラダの財布。
2つ折り財布は、スーツのポケットにも収納できるコンパクトなサイズのため、ビジネスマンにも人気です。

ナイロンバックパック

メンズ・レディース問わず人気のナイロン製バックパック。
レディースのデザインと比較して、メンズのデザインはエンブレムはサイド部分に施され、主張が控えめになっているため、通勤などにも使えるシンプルなデザインの印象です。

■素材について

サフィアーノレザー

堅く、張りのある牛革素材です。
プラダの多くの製品に使用される定番素材となります。
細かい型押しによって傷が目立ちにくくなっているため、毎日使用する財布などの小物類にもおすすめの素材です。

テスート

工業用に開発された特殊なナイロン素材「ポコノ」を用いた素材です。
パラシュートなどの耐久性を求められる製品に使用される素材のため、軽く、撥水性のある丈夫な素材です。

■保管時の注意

堅く張りのある牛革素材「サフィアーノ」、丈夫なナイロン素材の「テスート」など、プラダの素材は他素材と比較しても耐久性が高いと言えます。

ただ、買取りでお持ちいただくアイテムの中では年数の経過したアイテムもあり、それを見ると、色移り、ベタ付きが多く見受けられます。
湿気がこもった場所や直射日光があたる場所に保管していたことが原因だと思われます。

直射日光を避けるためにクローゼットの奥に保管することは間違いではありませんが、そのままにして数年経過すると、湿気で革製品などの状態は劣化する可能性が高くなります。
そのため、保管時には内側に乾燥剤を入れる、一か月に一度は通気性のある場所に出すなどの工夫が必要だと思われます。

 

■最後に

1913年に創業と、長い歴史をもつプラダ。
「日常を贅沢に飾る」というコンセプトの通り、デザイン性だけでなく、使いやすさも兼ね備えたアイテムが豊富なブランドとも言えます。

ぜひ、あなた好みのプラダのアイテムを探してみてください。

 

SHARE THIS ARTICLE