高級腕時計の時計通信

RSS

8.12.2017

なぜ、ロレックスを購入する人が多いのか?(前編) ~“初めての高級時計”にロレックスを選ぶ人の考え~

Komehyo

ブログ担当者:須川(前編)

前川(後編)

 

高級時計についてのよくある疑問に、

 

「なぜ、ロレックス(ROLEX)を購入する人が多いの?」

 

というものがあります。

 

今週は、この疑問に対する個人的な見解を紹介します。

 

 

まずは、「高級時計の購入者」を2つの層に分けて認識します。

 

 

 

<高級時計の2つの購入者層>

 

1.高級時計に詳しくない人

→“初めて高級時計を買う方”など

 

2.高級時計に詳しい人

→“高級時計を複数本所有している方”、“高級時計の売り買いを繰り返すような方”など

 

 

 

上に挙げた2つが、「高級時計の購入者」の2つの層です。そして、ロレックスはどちらの層にもよく購入されるブランドなのです。つまり、“高級時計に詳しくない人”も、“高級時計に詳しい人”もロレックスを買うのです。これがロレックスの凄いところです。

 

しかし、“高級時計に詳しくない人”と“高級時計に詳しい人”は、ロレックスを購入するときの“考え”が違います。以下をご覧下さい。

 

 

 

<ロレックスを購入する“高級時計に詳しくない人”の考え>

 

「何か高級時計を買おう!」

 ↓

「高級時計といえば、ロレックスだよね」

(※「高級時計≒ロレックス」という認識を持っている、または、調べて知る)

 ↓

「ロレックスを買おう!」

 

 

 

<ロレックスを購入する“高級時計に詳しい人”の考え>

 

「気になるモデルに出会ったら買おう!」

 ↓

「手放すときに損のないように、“資産価値の高いもの”を選ぼう」

「レア度、細かな個体差・条件差にこだわろう」

 ↓

「ロレックスを買おう!」

 

 

 

上のように、“高級時計に詳しくない人”と“高級時計に詳しい人”は、異なった考えによりロレックスを購入します。そして今回は前編と後編に分けて投稿しますが、この前編で注目するのは、前者の“高級時計に詳しくない人”です。

 

つまり前編の今回は、「“初めての高級時計”に、なぜロレックスが選ばれるのか?」を紹介します。

 

 

 

 

 

 

■“初めての高級時計”に、なぜロレックスが選ばれるのか?

 

では、「なぜ“初めての高級時計”にロレックスが選ばれるのか?」という疑問について、私の意見を紹介します。

 

この回答はシンプルで、「高級時計≒ロレックス」という認識が世間にあるからです。

 

この認識があるということは、「(初めての)高級時計が欲しい!」と思う方の多くが、「ロレックスが欲しい!」と思う傾向にあるということです。あとは現実的な問題です。予算が許せばロレックスを第一候補にするでしょうし、予算が合わなければ他のブランドを選択するかもしれません。

 

では、なぜ世間に「高級時計≒ロレックス」という認識があるのでしょうか?次に、「高級時計≒ロレックス」になった2つの要素を私なりにまとめてみました。ご覧下さい。

 

 

 

<「高級時計≒ロレックス」になった要素>

 

①ロレックスは、“時計が贅沢品だった時代”からの有名時計メーカーである

 

②大手広告代理店の力を借りながら、「ロレックス=高級品」というイメージを築いた

 

 

 

この2つの要素が大きいと思います。以降の文章で、説明していきましょう。

 

 

 

※過去の投稿でも、ロレックスの歴史的な要素を紹介していますので、是非、ご参照ください。

なぜロレックスが時計業界のTOPにいるのか?

 

【ロレックスの成功から学ぶ】時計業界人なら知っている、ロレックスのメディア戦略の凄さ

 

 

 

 

 

 

■要素①:ロレックスは、“時計が贅沢品だった時代”からの有名時計メーカーである

 

「高級品≒ロレックス」となった要素の一つ目として、私が言いたいことはこうです。

 

クォーツ腕時計が存在する以前の「時計=贅沢品」という時代に、ロレックスは時計メーカーとして圧倒的に成功し、有名になった。そのため、ロレックスは、「高級品メーカー」という印象をもつ

 

少し解説します。実は、今と昔では“腕時計”に対するイメージが異なります。今でこそ電池で動くクォーツ腕時計がありますので、安価な腕時計が存在します。しかし、昔は「時計=贅沢品」でした。もちろん腕時計が実用的になっていくにつれて、どんどんと大衆化の方向には向かいますが、それでも今と比べるとまだまだ「時計=贅沢品」というイメージがあったのです。そんな時代に、ロレックスは時計メーカーとして圧倒的に成功し、有名になります。

 

つまり、腕時計がまだまだ贅沢品だった時代に、最も成功したメーカー。それが、ロレックスです。

 

ロレックスのイメージが「高級品メーカー」であることも頷けます。

 

 

 

 

 

 

■要素②:大手広告代理店の力を借りながら、「ロレックス=高級品」というイメージを築いた

 

「高級時計≒ロレックス」となった2つめの要素は、広告によるイメージ戦略の効果です。

 

実はロレックスには、世界的な大手広告代理店であるジェイ・ウォルター・トンプソンとの提携がありました。大手広告代理店の力を借りて、新聞や雑誌に広告を出していたのです。その広告は、「成功者がつける時計はロレックス!」と言わんばかりの広告でした。そして広告媒体も、富裕層が読む媒体が中心です。大手の広告代理店と手をとりながら、着実に“高級品”としてのイメージを浸透させたのです。

 

 

 

 

 

 

■前編の最後に

 

「高級時計≒ロレックス」という認識が定着したのには、上に挙げた2つの要素が大きく関わっています。そして、このようにして特別な地位を確立したロレックスは、「高級時計の代名詞」のような存在となりました。

 

「高級時計の代名詞」のような存在となれば、その地位までに至った経緯を知らない人たちにも、その存在が広がります。

 

つまり、“高級時計に詳しくない人”が、

 

「高級時計を買う」≒「ロレックスを買う」

 

と発想するようになるのです!

 

 

 

次回は後編として、「なぜ“時計玄人”はロレックスを選ぶのか?」という点を紹介します。是非、ご覧下さい。

↓↓↓

なぜ、ロレックスを購入する人が多いのか?(後編) ~ロレックスを選ぶ“時計玄人”の考え~

rolex-daytona-black-top (1)

 

TAGLIST

more close

BRAND

 

OTHER

RANKING

ARCHIVE