高級腕時計の時計通信

RSS

18.6.2020

ロレックスを検討中の方必見! “リストショット”画像で人気モデルを紹介 ~ロレックス着用時のイメージをつかむ~

Komehyo

ブログ担当者:須川

 

■ロレックスを検討中の方必見! “リストショット”画像で人気モデルを紹介 ~ロレックス着用時のイメージをつかむ~

 

今回は、ロレックス(ROLEX)を検討中の方に向けて、たくさんのリストショットを使ってモデル紹介をします。

 

急に「リストショット」という言葉を使いましたので補足をすると、リストショットは「腕時計を実際に手首に着用している画像」のことです。

 

例えば下の画像は、デイトナ116523というモデルの“時計のみの画像”と“リストショット”を並べたものです。

きっと上と下の画像では、得られる情報が違うはずです。

 

具体的に言うと、「その時計について、細かく知りたい」場合は、上の“時計のみの画像”の方が分かりやすいと思います。しかし、「着けた場合にどんなイメージになるのかを知りたい」場合は、下の“リストショット”の方が分かりやすいでしょう。

 

特に、皆さんがロレックスをインターネットで調べるときにヒットする画像は、圧倒的に“時計のみの画像”の方が多いでしょう。

 

そこで今回は、ロレックスのリストショットをたくさん集めました。さらに、その画像を使って、ロレックスのモデル紹介としても使えるようにしています。皆さんのロレックス選びに役立てば幸いです。

 

 

 

 

 

 

■リストショットでロレックスのモデルを紹介

 

では、リストショットを使って、ロレックスのモデルを紹介します。

 

今回のリストショットの画像データ元についてですが、当社の販売・買取りに関する情報発信ブログ「KOMEHYO NOW」から引用しています。気になる方は、是非、そちらのブログもチェックしてみてください。

↓↓↓

KOMEHYO NOW

 

では、人気のスポーツモデルから紹介します。

 

 

 

<男性用スポーツモデル>

 

①コスモグラフ・デイトナ

クロノグラフ機能搭載のスポーツロレックスの上位モデル。「キング・オブ・ロレックス」と言える存在。

↑Ref.116500LN

↑Ref.116520

↑Ref.16520

↑Ref.116509

↑Ref.116599

 

 

②サブマリーナ

ロレックスの超人気モデルとして有名な、本格ダイバーズウォッチ。

↑Ref.116610LN

↑Ref.116610LV

↑Ref.14060M

 

 

③エクスプローラーⅠ

人気ではサブマリーナと双璧をなす、視認性に特化したシンプル系のスポーツロレックス。

↑Ref.214270

↑Ref.14270

 

 

④エクスプローラーⅡ

“外し”のスポーツモデルと言えば、24時間針を備えたエクスプローラーⅡ。男らしいデザインが魅力です。

↑Ref.216570

↑Ref.16570

 

 

⑤GMTマスターⅡ

個性を演出できる、GMT機能搭載のスポーツモデル。赤・青・緑などの挿し色の入れ方が秀逸。

↑Ref.116710BLNR

↑Ref.116710LN

↑Ref.126710BLRO

 

 

⑥その他スポーツモデル

↑シードゥエラー/116600

↑ヨットマスター/116621

↑シードゥエラー・ディープシー/126660

↑ミルガウス/116400

 

 

 

 

<男性用(スポーツモデル以外)>

 

男性用はスポーツモデルだけではありません。デイトジャストなど、たくさんのモデルがあります。

↑デイトジャスト/16234

↑デイトジャスト41/126334

↑デイデイト/18238A

↑エアキング/116900

↑デイトジャスト/1601

↑オイスターパーペチュアル/116000

↑チェリーニデュアルタイム/50525

↑サンダーバード/16264

↑オイスターパーペチュアル/114200

↑ターノグラフ/116264

↑スカイドゥエラー/326934

 

 

 

<女性用>

 

女性用は、デイトジャストが中心モデルになりますが、その他にもいくつかのモデルがあります。

デイトジャスト/179171

↑デイトジャスト/79173

オイスターパーペチュアル/76080

↑デイトジャスト/179173

↑デイトジャスト/279171

↑オイスターパーペチュアルデイト/79160

↑デイトジャスト/79173G

↑パールマスター/80298

 

 

 

 

 

 

■最後に

 

最後に、今回の記事を書いた動機を伝えたいと思います。

「腕時計の着用イメージを掴む」ために、本当は、実際に試着してみることが一番です。しかし私は、「いきなり高級時計売場で試着するには勇気がいる」という声があることも理解しています。

 

そこで今回は、皆さんに、インターネット上で“ロレックスを試着したかのような感覚”を体験していただきたかったのです。

 

もし、今回のリストショットを見て、

 

イメージは掴めたので、次は、実際に時計売場に行ってみよう

 

と、皆さんの背中を押すことができたなら嬉しいです。

 

 

 

 

※おすすめ投稿

TAGLIST

more close

BRAND

 

OTHER

RANKING

ARCHIVE