高級腕時計の時計通信

RSS

30.11.2019

【高級時計の狙い目モデル】ブライトリングのクロノマットは「エボリューション」が狙い目!!

Komehyo

ブログ担当者:須川

 

■【高級時計の狙い目モデル】ブライトリングのクロノマットは「エボリューション」が狙い目!!

 

今回は、ブライトリング(Breitling)の代表シリーズ「クロノマット」の中の、“狙い目モデル”を紹介します。

 

それは、「クロノマット・エボリューション」と呼ばれる、第4世代のクロノマットです。

↑クロノマット・エボリューション

 

私がクロノマット・エボリューションを“狙い目モデル”としておすすめする理由ですが、

 

それは、

 

今風なサイズ感のクロノマットでありながらリーズナブルだから

 

です。

 

つまりクロノマット・エボリューションは、現行モデルのクロノマットよりもお手頃でありながら、「時代遅れの腕時計」という雰囲気にならないのです。この点で、絶妙なモデルだと感じます。

 

では、以降で説明していきます。

 

 

 

 

 

 

■「クロノマット・エボリューション」とはどんなモデル?

 

まずは、「クロノマット・エボリューションはどのようなモデルか」という点から説明します。

 

まずは、分かりやすいように、下にクロノマット・エボリューションの画像を用意しました。

↑型式A156C45PA

 

2004年に登場したクロノマット・エボリューションは、ヴィンテージ品を除いて世代区分けすると、4世代目にあたるクロノマットです。発売と同時にかなりの人気を獲得しましたが、2009年に現行モデルのクロノマット44が登場したことにより、生産終了となりました。

 

モデル名ですが、登場当初は「クロノマット・エボリューション」と呼ばれていました。しかし後に、「エボリューション」を外して「クロノマット」と呼ばれるようになります。つまり、このモデルは厳密に言うと、2つの呼び名があります。ただ今回は、他の世代のクロノマットとの区別もありますので、敢えて「クロノマット・エボリューション」と呼ばせていただきます。

 

では、クロノマット・エボリューションのスペックを確認しましょう。下をご覧ください。

 

 

<スペック>

 

・ケース径

43.7mm

 

・防水性

300m防水

 

・機能

クロノグラフ日付表示

 

・ムーブメント

ブライトリング13

(自動巻:ETA7750ベース)

 

・振動数

28800振動/時

 

・ぜんまい持続時間

約42時間

 

・石数

25石

 

 

 

クロノマット・エボリューションの特徴的な点を挙げると、「サイズが43.7mmと大ぶりである」点、「ETA社の汎用ムーブメントを使っている」点が特徴でしょう。この2点については、以降で説明します。

 

※クロノマット・エボリューションについては、シリーズを俯瞰して見ると理解しやすいので、是非、シリーズ説明がある過去の投稿もご覧ください。

↓↓↓

ブライトリング|「クロノマット」の選び方 ~モダンに選ぶ?ノスタルジックに選ぶ?~

 

 

 

 

 

 

■クロノマット・エボリューションが“狙い目モデル”である理由

 

ここからが本題です。つまり、クロノマット・エボリューションが“狙い目モデル”である理由を紹介しましょう。

 

この理由は、冒頭で書いた通りですが、

 

今風なサイズ感のクロノマットでありながらリーズナブルだから

 

です。

↑今風でありながらリーズナブル

 

この理由には解説が必要だと思います。そこでここからは、クロノマット・エボリューションについて、「今風である」、「リーズナブルである」という点を説明します。

 

まず、“今風”というニュアンスについてです。もちろん、“今風”要素としては、デザイン面の観点もありますが、「サイズの大きさ」という点が今風かどうかをイメージ付ける要素でしょう。

 

具体的に言うと、今の男性用腕時計のトレンドでは、

 

 

・大ぶり(40mm以上)

→今風

 

・小ぶり(39mm以下)

→1990年代以前のサイズ感

 

 

という捕らえ方ができます。

 

そのため、約44mmサイズの「クロノマット・エボリューション」と「現行モデルのクロノマット」は、“今風”なモデルという認識で捕らえることができます

↑今風なクロノマット

 

次に、クロノマット・エボリューションが“リーズナブル”である点も説明します。

 

分かりやすいように、クロノマット44(現行モデル)とクロノマット・エボリューションの価格を比較してみます。

 

 

 

<クロノマット44とクロノマット・エボリューションの価格比較>

※ステンレス素材、メタルバンドのタイプで比較。価格は執筆時点。

 

①クロノマット44

・メーカー新品価格

910,000万円(税抜き)

 

・中古価格

45~50万円前後(税込み)

 

 

②クロノマット・エボリューション

・メーカー新品価格(当時)

600,000万円(税抜き)

 

・中古価格

30万円台前半(税込み)

 

 

上の価格比較を見ていただくと一目瞭然ですが、クロノマット・エボリューションは、現行のクロノマット44よりもかなり安く手に入るモデルです。中古価格で言うと、10万円以上は安く手に入るでしょう。

 

ただし、「クロノマット・エボリューションの方が安い」と聞くと、多くの方は価格の理由が気になるはずです。その価格差については、外装面のコスト差などもあるとは思いますが、最も差とないっている点は“ムーブメント”です。

 

ブライトリングに限った話ではありませんが、多くの時計メーカーは、“自社製ムーブメントを搭載するモデル”をより高価な設定にするのです。

 

では、ムーブメントを確認してみましょう。

 

 

 

<クロノマット44とクロノマット・エボリューションのムーブメント>

 

①現行のクロノマット44

→自社製のキャリバー01搭載

 

②クロノマット・エボリューション

→ETA社製ベースのブライトリング13を搭載

 

ゼンマイ持続時間を比べると、「ブライトリング13」は約42時間、「キャリバー01」は約72時間ですので、後者の自社製ムーブメントの方が高いスペックを備えています。しかし、どちらのムーブメントも“クロノメーター”を通しているので、精度の面ではどちらも優秀です(※1)。

 

そのため、自社製ムーブメントに対して特にこだわりがないのであれば、クロノマット・エボリューションは価格面での優位性が際立ち、とても魅力的な選択肢になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

■最後に

今回は、クロノマットの“狙い目モデル”として、クロノマット・エボリューションを紹介しました。

 

私の主張をまとめると、クロノマット・エボリューションは、

 

「今風なサイズ感(43.7mm)」

   +

「リーズナブル(中古価格30万円台前半)」

 

という要素を持っていて、おすすめなのです。

 

気になる方は、是非、店頭で直にクロノマット・エボリューションに触れてみてください。きっと、皆さんをがっかりさせることはないモデルなはずです!

 

 

 

※1・・・クロノメーターとは、外部の公的機関による時計の“精度”検査です。スイスの時計であれば、スイス公式クロノメーター検査協会(COSC)という機関が行います。

 

※おすすめ投稿記事

なぜ、ロレックスではなく「ブライトリング」を選ぶのか? ~ブライトリングを選択する人の傾向~

※オンラインストアリンク

・クロノマット・エボリユーション→こちら

TAGLIST

more close

BRAND

 

OTHER

RANKING

ARCHIVE