高級腕時計の時計通信

RSS

13.4.2018

IWC|目から鱗! 「ポートフィノ」は素晴らしい時計だった

Komehyo

ブログ担当者:須川

 

今回は、IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)の「ポートフィノ」についてです。

 

ポートフィノと言えば、IWCのラインナップの中でも、“シンプル・イズ・ベスト”を体現するようなシリーズです。実はこのポートフィノに対して、私は、かつてと今とで評価を変えました。ある時以降、私はポートフィノを、より評価するようになったのです。

 

今回は、私がポートフィノへの評価を変えた経緯も含めて、「ポートフィノはIWCの“ベストバイ”ウォッチのひとつである」ことを紹介しましょう。

 

↑ポートフィノはIWCの

“ベストバイ”ウォッチのひとつ

 

 

 

 

 

 

■私がポートフィノを評価するようになった経緯

 

まずは、私がポートフィノを評価するようになった経緯を紹介します。もちろん、これは私の個人的な考えの話ですので、まずは“私の考え”を説明することろから始めます。

 

 

 

高級時計に興味のある皆さんであれば、それぞれに、“好きな時計メーカー”や“好きな作品”があるのではないでしょうか?例えば、「ロレックスが好き」、「オメガが好き」、「デイトナが好き」、「スピードマスターが好き」など、皆さんの好みは千差万別でしょう。

 

個人的な話となりますが、私の“好きな時計メーカー”は、IWCです。

 

そして、“好きなIWC作品”は複数あります

 

ひとつは、「マークⅩⅤ(15)」です。特に私は“中期のブレスレットタイプ”(※1)が好きです。このモデルは、軍用ならではのデザインと高い実用性があります。そして、IWCの高い加工技術によりもたらされる高級感も加わり、とても素晴らしい時計です。

↑マークⅩⅤ

 

ふたつめは、「GSTクロノ」です。デザインとしては今風ではありませんが、IWCらしい“質実剛健”感が前面に出てくるデザインや、文字盤の12時位置に印字される筆記体ロゴが魅力的です。個人的には、IWCの長所であるチタン加工を感じたいので、チタン素材のモデルが好みです。

↑GSTクロノ

 

もちろん、IWCで一番の“イケメン”モデルである、「ポルトギーゼクロノグラフ」にも高い評価をしています。

↑ポルトギーゼクロノグラフ

 

ヴィンテージモデルやレアモデルにまで範囲を広げるのであれば、さらに好きな作品はあります。ただし一般的なモデルの中では、上の3つの作品が、私が高い評価をする“好きなIWC作品”です。

 

しかし、ある時を境に、これらの私の“好きなIWC作品”に割って入るモデルが現れました。それが、ポートフィノの型式IW356502です。

 

↑ポートフィノIW356502

 

実は以前、私の中でポートフィノは「あくまでIWCの入門モデル」という印象が強くありました。また、かつてのポートフィノはケース径が34mmほどであり、とても小ぶりなサイズでした。個人的には、現在のスタンダード機としては37~38mm以上は必要に感じていますので、IWCの中心モデルとしては難しい気がしていました。どちらかと言うと、かつてのポートフィノに対しては、“クラシックサイズを好む好事家向け”という印象だったのかもしれません。

 

しかし、私が偶然見た男性がポートフィノを着けているのを見たときに、私の中でポートフィノの評価が変わりました

 

ちょうど、私が飲食店で食事をしているときでしたが、スーツを着た20代~30代に見える男性が入店してきました。割と細身で、身だしなみに気を使っている印象の好青年です。腕にはポートフィノIW356502を着けていました。仕事柄から、腕時計に目がいくというのもありますが、私は自然とコーディネートチェックをしてしまいました。

 

その時、

 

「ポートフィノって、こんなにかっこいい時計だったっけ?」

 

と思いました。

 

 

そして私は理解しました。「このポートフィノは、スーツスタイルに合わせることで、絶妙のバランスになるんだ」と。私は初めて、ポートフィノに“センスの良さ”を感じたのです。

 

↑ポートフィノに“センスの良さ”を感じました

 

何気な出来事ですが、私には目から鱗でした。ポートフィノの素晴らしさは、きっと時計単体を見ているだけでは気付けないのかもしれません。実際に人が着用することで、ポートフィノのもつデザインバランスの良さが分かったのです

 

 

 

 

 

 

■ポートフィノIW356502の良い点

 

ポートフィノIW356502は、2011年に登場した現行モデルのポートフィノです。改めて良い点を紹介します。

 

 

 

<ポートフィノIW356502の良い点>

 

①グッドデザイン

 

↑ローマ数字インデックスと

リーフ針を備える

 

現行のポートフィノはいくつか種類があります。自動巻の3針モデル(革ベルトモデル)としては、基本的に文字盤カラーはシルバーブラックの2色です(シルバー色は挿し色の違いで種類あり)。どちらのカラーにも魅力がありますが、私がポートフィノを評価するきっかけになったモデルは、ブラック文字盤+ブラックベルトのステンレスタイプです。それが、型式IW356502です。

 

従来のポートフィノはケース径が34mmと小ぶりでしたが、その後、38mm、39mmとサイズアップし、現在のトレンドに合うサイズに近づきます。そして、このモデルから40mmになりました。現在の若い方にも使いやすいサイズです。

 

そして、ポートフィノはシンプルなデザインが特徴ですが、この現行モデルは、「2つのローマ数字インデックス+リーフ針」というデザインをもっています。リーフ針とは、“細長い葉”の形をした針のことです。この2つの要素が、シンプルなポートフィノにとっては、大きなデザインアクセントになっています。ポートフィノは、主に「円」「直線」「曲線」で構成された幾何学的なデザインです。その中に、人に創造された形(ローマ数字とリーフ針)が入ることにより、味気なさがなくなり、上品になります。まさに、センスが光るグッドデザインです。

 

また、IWCは外装を自社で作ることができ、文字盤は名門サイプラヤーのものを使います。外装の品質の良さはIWCの基本スペックですので、ここで特筆することでもないでしょう。

 

↑品質の良さはIWCの基本スペック

 

 

 

②魅力的なプライス

 

ポートフィノIW356502は、グッドデザインで品質の優れた高級時計としては、プライス面でお徳感があります。

 

 

執筆時点では、

 

メーカー価格523,800円(税込)です。

 

そして、

 

中古品の実勢価格は30万円前後です。

 

 

現在は、IWCのライバルメーカーの価格も軒並み高水準にありますので、十分魅力的なプライスに感じます。

 

 

 

 

 

 

■最後に

 

私の持論では、「かっこいい」と評価される腕時計にも種類があります。“時計本体から直接かっこよさを感じる時計”もあれば、“人が着けるときに、本当のかっこよさが分かる時計”もあります。

 

 

IWCのポートフィノは、後者の“人が着けるときに、本当のかっこよさが分かる時計”なのです。

 

 

恥ずかしながら、私はポートフィノを侮っており、長らくそのことに気付きませんでした。反省しています。しかし、それに気付いて以来、私の中でポートフィノは、マークⅩⅤ、GSTクロノ、ポルトギーゼクロノグラフに並ぶ“好きなIWC作品”になりました。

 

そして私は、今挙げた作品の中で、ポートフィノがもっとも“万人受けするデザイン”だと評価しています。マークⅩⅤとGSTクロノはマニアックな雰囲気があります。また、ポルトギーゼクロノグラフは華やか過ぎて合わない方もいるでしょう。もしかしたら“価格面”と“万人受け要素”を加味すると、IWCの中で、ポートフィノが一番の“ベストバイ”ウォッチかもしれません!

 

 

 

※1・・・マークⅩⅤのブレスレットタイプは過去の投稿で紹介しています。是非、ご覧ください。

↓↓↓

完成されたデザインと実用性を持つ IWC「マークXV」 ~玄人からも高い評価を受けるマーク15~

拡大画像 20150807 140324

 

※おすすめ投稿記事

IWC|パイロットウォッチ「マーク18」をどう評価するべきか? ~シリーズの系譜から見るマークXVIII~

※おすすめ動画

オンラインストアでポートフィノを探す

TAGLIST

more close

BRAND

 

OTHER

RANKING

ARCHIVE