高級腕時計の時計通信

RSS

11.3.2016

ブルガリの時計をする男性は周りにどう見られる? ~「個性の主張」ができるブルガリのメンズウォッチ~

Komehyo

 ブログ担当者:福冨

 

皆さん、「ブルガリ」と言われて、真っ先に思い浮かぶイメージはどんなものでしょうか?  

 

多くの方は、宝石・財布・香水のような高級装飾品メーカーのイメージが先行するのではないでしょうか。また、どちらかと言うと「女性のブランド」というイメージもあるのではないでしょうか。

 

やはり、まだまだブルガリが本格的な“紳士用高級時計”を作っているイメージは少ないのかもしれません。実は私もこの業界に入る前は、“紳士用高級時計”から浮かぶイメージはロレックス、オメガ、タグホイヤーでした。ブルガリについては、私も皆さんと同じような印象しか持っていませんでした。

 

事実、GoogleやYahooなどの検索エンジンで「ブルガリ」というワードを検索すると、それに続く順位の高いセカンドワードの予測候補は「指輪」や「財布」が挙がります。「ブルガリ 時計」にすると、「 レディース」が次に続く順位の高いセカンドワードに挙がります。検索ワードが、私たちの持つブルガリへのブランドイメージをそのまま反映していました。  

 

しかし、私が時計業界に携わるようになり、ブルガリの“紳士用”に対するイメージが変わりました

 

ブルガリのメンズウォッチは“ある種の方”にとても評価されているのです。その方とは“バランスの良いファッションをしたい方”ではなく、“攻めのファッションをしたい方”です。おそらく私以外の時計関係者も、ブルガリウォッチをする男性はファッションに“攻め”を求める方であると感じているはずです。

 

拡大画像 20160304 183343.bmp

↑“攻めのファッション”をしたい方に評価される

 

そして、その方々がブルガリウォッチを評価する理由は分かりやすいものでした。それは、ブルガリウォッチは“個性の主張”ができる時計であり、それが高級時計の存在意義の本質をついているからです。  

 

今週は、ブルガリウォッチの魅力が“個性の主張”にあり、その主張が高級時計の存在意義の本質をついている点を述べさせていただきます。  

 

 

 

 

 

 

■ブルガリは時計参入の初期からデザイン力が高かった!

 

まずはブルガリウォッチにより深い理解をしていただくために、ブルガリが時計に携わり始めたところから述べます。実はブルガリが本格的に時計のジャンルに参入したのは1970年です。ブルガリと同じく宝飾を得意とするのカルティエは、1880年に時計のジャンルに参入したと言われていますので、ブルガリの参入は比較的最近のことと言えます。

 

しかし、すぐに代表的モデルを産み出すところがブルガリの凄いところです。参入から7年後の1977年に、人気モデル“ブルガリブルガリ”を世に送り出しました。なんと風防を留める一部品であるベゼルを、デザインの重要な要素とみなしてベゼルに「BVLGARI BVLGARI」と大きく刻印したのです。その革新的なデザインと、ブルガリが既に確立したブランド力により、瞬く間に世に広まりました。

 

ブルガリブルガリのデザインに関わった“時計界のピカソ”と呼ばれるジェラルド・ジェンタ氏の力量によるところも大きいとは思いますが、ブルガリは時計参入の初期からデザイン力が高かったのです。

 

  拡大画像 20160306 141206

↑ブルガリブルガリ(BB33BSSD/AT)

 

 

 

 

 

 

■ブルガリの時計は「個性を主張」する!

 

先に挙げた人気モデルとなったブルガリブルガリは、ベゼルにBVLGARIの文字が2つ刻印され、一見で“ブルガリである”という認識を周囲に与えます。その他にも“エルゴン”や“オクト”など数多くの強いインパクトを与える革新的なモデルを市場に投入し続けています。  下に画像を用意しました。

 

↑上:エルゴン(EG35BSSDCH/AT)

↑下:オクト(BGO41BSSD)

 

ここまでに挙げたわずか3つのモデルだけでも強い個性を持ったモデルだと思います。そして、その他のブルガリウォッチもまた高い個性を持ったモデルなのです。私がブルガリウォッチの全モデルを思い浮かべても、無難なデザインのモデルはひとつもありません。どのモデルをとっても“個性を主張”するモデルばかりです。  

 

ここで、“個性を主張”するブルガリウォッチのおもしろい例を挙げます。それは“アショーマ”というモデルです。正面から見ると重厚なレクタングルシェイプですが、側面から見ると見事なカーブのあるフォルムをもっており、美しくポリッシュされたケースをもっています。数あるブルガリウォッチの中でも非常に人気の高いモデルです。このモデル名の「アショーマ」はイタリア語で「主張」を意味します。すでにブルガリウォッチのモデル名の中に「主張」というキーワードが登場しているのです!  

 

↑「主張」を意味するアショーマ

※画像は型式AA48C14SSDCH

 

 

先ほどから「主張」という言葉が多く登場しておりますが、「主張する」と聞くと少々マイナスの印象があるかもしれません。しかし、考えてもみてください。私たちは衣服や身に付ける小物などを購入するときに、自分の好みのものを自然と「選択」しています。つまり、私たちの身に着けている衣服などは既に「自分の好みの主張」なのです。

 

そして、現在の“腕時計”における状況は、衣服よりも「主張」という要素が顕著です。それは、現在は携帯電話やスマートフォンを開けば秒単位まで正確に時間がわかる状況だからです。そんな便利な物があるのにもかかわらず「腕時計」を着用する意味は「個性の主張」をしたいからにほかなりません。その状況は、高級な時計になればなるほど顕著になるはずです。これが、現在の高級時計の存在意義の本質になりつつあります。

 

そして、この“個性の主張”を他メーカーより前衛的に表現してくれる時計がブルガリウォッチです。これが、ブルガリウォッチ最大の魅力です。          

 

 

 

 

 

 

■最後に

 

これまでに述べたように、“無難なデザインの時計”をラインナップしないブルガリウォッチは、他のメーカーより「個性の主張」がしやすい時計です。そして、そのような存在感のある時計を腕につける男性が周りにどのように見られているかは明らかです。

 

きっと、ブルガリウォッチを卓越したセンスで着けこなしている方を見ると、周りの方は「ファッションが個性的でかっこいい!」と思うはずです。ただし、ブルガリウォッチ最大の弱点は、着けこなしが上手にできないとアンバランス感が出てしまう点です。  

 

そこで、最後に個性的なブルガリウォッチの中でも“着けこなしやすい”モデルを紹介します。それは、“ディアゴノ カリブロ303”です。個性を演出しながら他メーカーのスポーツモデルの様に幅広いファッションに合う時計です。イメージで例えると、ロレックスの「デイトナ」をブルガリが作ったようなモデルです。ツートンカラーもしくはスリートーンカラーの文字盤、大きくせり出したラグ、そして裏からはフレデリックピゲベースの高級仕様クロノグラフムーブメント“キャリバーBVL303”を楽しむことができます。ディアゴノシリーズ20周年を記念した意欲作です。

 

 

↑ディアゴノ カリブロ303

(型式: DG42BSSDCH)

 

毎年新しいデザインを世に送り出しているブルガリ。その中には非常に洗練されたデザインが数多く存在します。上記以外でも、人気の男性用モデルはありますので、気になればぜひお調べいただければと思います。洗練されたデザインと“個性の主張”が混じり合うブルガリウォッチ、一度はチャレンジしてみてはいかがでしょうか!  

 

 

 

※おすすめ投稿記事

【ブルガリウォッチの基本】実は分かりやすい! ブルガリ腕時計のラインナップを知ろう

Desktop101

 

TAGLIST

more close

BRAND

 

OTHER

RANKING

ARCHIVE