高級腕時計の時計通信

RSS

11.5.2021

なぜブレゲ「クラシック3350」は時計愛好家に評価されるのか? ~デザインで魅せた、最初の腕時計トゥールビヨン~

Komehyo

ブログ担当者:須川

 

■なぜブレゲ「クラシック3350」は時計愛好家に評価されるのか? ~デザインで魅せた、最初の腕時計トゥールビヨン~

 

1980~1990年代は機械式時計の人気の復興期にあたります。この時期の時計は、「完全なヴィンテージ品でもなく、最近のモデルでもない」という絶妙な時期の作品であり、この時期に高級時計の名作が多く誕生しています。

 

この1980~1990年代という復興期の作品を、当社では「ネクストヴィンテージ」と呼び、特別な評価をしています。

 

そして、このネクストヴィンテージの作品で、私が筆頭格として評価しているモデルのひとつが、

 

ブレゲ「クラシック3350」

です。

 

このモデルについて、私は「時計愛好家にデザインで魅せた、最初の腕時計トゥールビヨン」という認識があります。この私の評価については、説明が必要だと思いますので、以降で解説します。

 

 

 

 

 

 

■「クラシック3350」の評価は?

 

冒頭で触れたように、私のクラシック3350への評価は

 

時計愛好家にデザインで魅せた、最初の腕時計トゥールビヨン

 

というものです。

 

ここでは、私がこのように評価している理由を説明します。その説明のためには、少し時計の歴史にも触れる必要がありますので、歴史的な内容も含めて説明します。

クラシック3350は、1988年に発表された「トゥールビヨン機構搭載の腕時計」です。この時代は、“腕時計”にトゥールビヨンが搭載され始めたばかりのころで、まさに黎明期です。

 

そもそも、トゥールビヨンという機構自体は初代ブレゲが1800年ごろ(1795年に発明し、1801年に特許が取得された)に作り上げた、歴史的な複雑機構です。この初代ブレゲの時代は“懐中時計”の時代でしたので、今よりもムーブメントを収めるスペースが多くとれました。しかし、より小ぶりな“腕時計”はムーブメントを収めるスペースが小さく、そこにトゥールビヨンを組み込むことに成功しただけでも偉業だと思います。

 

しかし、この「腕時計にトゥールビヨンを搭載した」という偉業は、ブレゲだけのものではありません。腕時計トゥールビヨンの黎明期の各メーカーの切磋琢磨が感じれるように、下に、腕時計トゥールビヨン黎明期の作品をリストアップしましたので、ご覧ください。

 

 

 

<腕時計トゥールビヨン初期の作品>

 

・フランクミュラー「オシレータートゥールビヨン」(1984年

 

・オーデマピゲ「カナペ」(1986年

 

・ブレゲ「クラシック3350」(1988年 ※発売は1990年)

 

・ブランパン「トゥールビヨン(ヴィルレ/6マスターピースのひとつ)」(1989年

 

・FPジュルヌ「トゥールビヨン・スブラン(前身)」(1991年 ※製品版は1999年

 

↑オーデマピゲ「カナペ」

↑ブランパン「トゥールビヨン」

 

上に挙げた作品を見るだけでも、ブレゲのクラシック3350より前に登場した腕時計トゥールビヨンは2作品も存在します。その全てに共通しているのは、文字盤側からトゥールビヨンの機構を見えるようにしている点です。

 

しかし、ブレゲのクラシック3350は、その他の作品と異なる点があります。

 

それは、

 

「大きなキャリッジを、大きなブリッジで支えて、大きなオープンワークで見せている」

という点です。

 

ブレゲ以外の腕時計トゥールビヨンは、文字盤に丸く穴を開けて、その穴からコンパクトなキャリッジ(テンプ)が見えるようになっています。これは、トゥールビヨン機構の見せ方としては「シンプルな見せ方」です。

 

しかし、ブレゲのクラシック3350は、懐中時計の時代に見られたオープンワークのトゥールビヨンのように、「美しくトゥールビヨンを見せる」ことにこだわった印象です。大きく開いたオープンワークには、大きなブリッジを取り付け、さらに、地板にはエングレービングがされています。まさに、芸術の域にあると思います。

 

懐中時計の時代には、ジラールペルゴの「スリー・ゴールド・ブリッジ・トゥールビヨン」が、1867年と1889年のパリ万国博覧会で金賞を獲得したことがあります。この懐中時計トゥールビヨンは、大きなブリッジとオープンワークで、「美しいトゥールビヨン」として知られています。つまり、懐中時計の時代には、トゥールビヨンという複雑機構を搭載することだけに満足せず、「美しさを追及する姿勢」も見られたのです。

↑スリーゴールドブリッジトゥールビヨン

※1999年の腕時計版

 

私は、ブレゲの腕時計トゥールビヨンの初作の中に、この「美しさを追及する姿勢」が既に見られることに驚きを感じます。なぜなら、先に書いたように、腕時計のサイズにトゥールビヨン機構を収めるだけでも凄いことです。特に、黎明期ではその意識は強かったでしょう。その初期の時期において、トゥールビヨンを搭載するだけでなく、「美しさも追求する」余力があることは凄いことです。

 

その証拠に、クラシック3350は、裏面にまで美しさを見せています。下に画像を用意しましたが、クラシック3350の裏面はシースルーになっており、ムーブメント受けに美しいエングレービングがされています。

↑裏面には美しいエングレービング

 

この裏面の見事なエングレービングの中に、「BREVET DU 7 MESSIDOR AN 9」と記されています。これは、初代ブレゲがトゥールビヨンの特許を取得した日を表しており、当事の暦で「共和暦第9年メシドール7日(1801年6月26日)の特許」という意味です。このような、歴史的なつながりを感じることができる点も、ブレゲのトゥールビヨンの魅力かもしれません。

 

このような美しい腕時計トゥールビヨンが黎明期に登場すれば、それは時計愛好家の琴線に触れるでしょう。実際、私は、時計愛好家の方から「クラシック3350は、一番、トゥールビヨンらしさを感じるデザインだよね」と言われたことがあります。そして、私もそれに同意します。だからこそ、私はクラシック3350を、「時計愛好家にデザインで魅せた、最初の腕時計トゥールビヨン」と評価しているのです。

 

 

 

 

 

 

■最後に

 

今回は、ブレゲのクラシック3350を取り上げました。ただし、この「3350」は初期のレファレンスなので、なかなか出会える機会はないかもしれません。

しかし、クラシック3350には後継モデルがあります。それは、「3357」というレファレンスのものです。これは、リューズやエングレービングなどのマイナーチェンジだけなので、ほとんど同じに見えると思います。そして、ロングセラーモデルでしたので、こちらの方が出会えるチャンスは大きいでしょう。

 

もし気になる方は、「3350」または「3357」で中古マーケットを探してみると、出会えることもあるかもしれません!

 

 

 

※おすすめ動画

※おすすめ記事

【腕時計の名作を知る!】ゼニス「レインボーフライバック」 ~フランス空軍とともに作ったパイロットウォッチ~

TAGLIST

more close

BRAND

 

OTHER

RANKING

ARCHIVE