高級腕時計の時計通信

RSS

12.7.2019

【腕時計の基礎知識】「ピンバックル」「フォールディングバックル」とは何のこと? ~尾錠とDバックルのメリット・デメリット~

Komehyo

ブログ担当者:須川

 

■【腕時計の基礎知識】「ピンバックル」「フォールディングバックル」とは何のこと?

 

腕時計の製品仕様を確認すると、しばしば

 

ピンバックル(尾錠)

 

フォールディングバックル(Dバックル)

 

という言葉が登場します。これらは、“腕時計のバンド留め具”の種類を表します。

上の画像の通りですが、腕時計のバンド留め具の種類は、ピンバックルとフォールディングバックルがあります。当然、種類があるのには理由があります。今回は、そのメリット・デメリットも含めて、ピンバックルとフォールディングバックルを紹介します。

 

 

 

 

 

 

■「ピンバックル」、「フォールディングバックル」とは?

 

まずは、ピンバックルとフォールディングバックルについて解説します。

 

 

 

①ピンバックル

ピンバックルは、「ピン/Pin(留め針)」という言葉からわかるように、穴をピンで通して固定する方式の留め具のことです。日本語で「尾錠(びじょう)」と呼ばれます。

 

ピンバックルは、昔から普及している方式で、腕時計のベルト留め具の基本的なスタイルです。かつては、革ベルトの腕時計であれば、このピンバックル式を採用していることが多い状況でした。しかし、最近はフォールディングバックルも増えているため、現在はピンバックル式が主流とも言えなくなってきています。

 

では、ピンバックルの実際の使い方を紹介します。

こちらは、“腰に巻くベルト”でよく採用される留め方ですので、わかりやすいと思います。6時側のベルトにいくつか穴を開けておき、12時側のベルト先にある尾錠のピン(つく棒)をその穴に通して固定する方式です。ピンをつける穴の位置を変えれば、簡単に腕周りサイズを変更できるので、ユーザーには有り難い方式です。

 

 

 

②フォールディングバックル

フォールデングバックルは、「フォールディング/folding(折りたたみ)」という名の通り、折りたたみ式の留め具です。別名、ディプロイメントバックル(Dバックルと呼ばれます。こちらの名称では、「ディプロイメント/deployment(展開する/広げる)」という表現が使われています。つまり、「折りたたんだり、広げたりするもの」であり、「開閉式の留め具」と意訳できます。

 

フォールディングバックルは、20世紀初頭にカルティエの「サントスウォッチ」に採用されたことが有名で、カルティエの十八番とも言える方式です。かつては、複雑な作りであることもあり、マイナーな存在でした。しかし、工作機の発達により製造の難易度も下がり、現在では実用性の高さから、多くの腕時計に採用されるようになりました。

 

こちらも、実際の使い方を紹介します。

上の画像のように、“くの字”に2つ折りされている留め具を開くことで、腕周りサイズを大きくして、手首から着脱する使い方をします。“2つ折り”タイプ以外に、観音開きの“3つ折り”タイプもあります。留め具の開け方にも種類があり、「ボタンを押して開けるタイプ」と「力で引っ張り開けるタイプ」があります。

 

フォールディングバックルは、革ベルトよりメタルバンドの方でシェアを占めています。ロレックスを筆頭に、ほとんどのメタルバンドにはフォールディングバックルが採用されています

↑多くのメタルバンドに採用される

 

 

 

 

 

 

■ピンバックルとフォールディングバックルのメリット・デメリット

 

次に、ピンバックルとフォールディングバックルのメリットデメリットを紹介します。

 

 

 

<ピンバックル(尾錠)>

①メリット

・留め具の大きさがコンパクトであるために、手首周りがすっきりとした印象になる

 

・留め具が厚くないので、デスクワークなど腕を机に乗せる際に、手首の内側への負担が少ない

 

・デザイン的に、クラシックモデルと相性が良い

 

・フォールディングバックルよりも、価格が安い

 

・毎回、ピンを任意のベルト穴へ入れて固定するので、腕周りサイズの変更が容易

 

 

 

②デメリット

・革ベルトの場合、留め具をつけるたびに穴にピンを通すので、革への負担が大きい

 

・ピンを穴に通す作業は、フォールディングバックルに比べると手間がかかる

 

・ピンを穴に通す作業をする際に、手が滑って時計を落とすリスクがある

 

 

 

<フォールディングバックル(Dバックル)>

①メリット

・革ベルトの場合、毎回、ベルトの穴を通さないので、革への負担が少ない

 

・開け閉めだけで着け外しができるので、ピンバックルに比べると、着け外しが楽

 

・ピンを穴に通す作業がないので、手が滑って時計を落とすリスクが少ない

 

サイズの大きなモデルと相性が良い

 

 

 

②デメリット

・留め具に大きさがあるため、手首周りがボリュームのある印象になる

 

・留め具に厚みがあるので、デスクワークなど腕を机に乗せる際に、手首の内側で留め具が邪魔に感じることがある

 

・ピンバックルよりも、価格が高い

 

・留め具は常に固定してあるので、腕周りサイズの変更に手間がかかる

 

 

 

上で挙げたものが、ピンバックルとフォールディングバックルのメリットとデメリットです。ただ、「クラシックモデルと相性が良い」「サイズの大きなモデルと相性が良い」という点がわかり難いかもしれませんので、補足させていただきます。

 

クラシックモデルは、フェイスサイズが小ぶりです。小ぶりサイズのために、クラシックモデルは、少し華奢(きゃしゃ)に見えると思います。“華奢な”クラシックモデルに、“大きさのある”フォールディングバックルを合わせると、デザインバランスがおかしくなります。そのため、ピンバックルの方が、クラシックモデルによく合います。

 

逆に、大きなサイズのモデルには、デザインバランスとしても、大きさのあるフォールディングバックルが合います。

 

さらに、重さのバランスもあります。フェイスサイズが大きな時計は、もちろん、フェイス部分が重くなります。フェイス部分が重い腕時計の場合、装着時にその反対側にあるベルト留め具が軽いとバランスが悪く、「フェイス部分だけが過度に下に下がる」現象が起こります。そのため、フェイスが重い腕時計には、より重量のあるフォールディングバックルの方がベターです。

 

 

 

 

 

 

■最後に

今回は、腕時計のベルト留め具の2つの種類「ピンバックル」と「フォールディングバックル」を紹介しました。

 

時計通の方は、“留め具”にも関心をもっており、「ピンバックルかフォールディングバックルか」を気にすることがあります。例えば、IWCのポルトギーゼクロノグラフは、新旧の違いがピンバックルとフォールディングバックルであることでも有名です。

↑ポルトギーゼクロノグラフ

 

さらに、パテックフィリップの場合は、革ベルト用のフォールディングバックルに、2つのデザインがあります(※スポーティモデルを除くと)。愛好家の方は、「こちらのフォールディングバックルが好き」といった具合に、好みが分かれるのです。

↑パテックフィリップのDバックルは種類がある

 

やはり高級時計において、“留め具”は興味の対象なのです。皆さんも、是非、腕時計の留め具に注目してみてください!

 

 

 

※おすすめ投稿記事

時計選びで、「メタルバンド」か「革ベルト」のどちらを選ぶべき? ~バンドの種類によるメリット・デメリットを紹介~

TAGLIST

more close

BRAND

 

OTHER

RANKING

ARCHIVE