時代を超え愛され続けるルイヴィトンのミニバッグ

■INDEX

・はじめに
・ミニサイズバッグの魅力
・モノグラムキャンバスの魅力とは
・ミニバッグとして生まれ変わった定番バッグのご紹介
・”モノグラムラインのミニバッグ”の中古買取相場について
・最後に

■ はじめに

ルイヴィトンは世界中で愛され続けるブランドの一つであり、日本国内でも若者からミドル・シニア世代まで多くの人々を魅了し続けています。
また、クラシックなレザーアイテムから、トレンドを取り入れたミニサイズのバッグや財布など、幅広いニーズに応じた製品ラインナップも魅力の一つといえます。

今回は、その中でもトレンドを取り入れながら、タイムレスなデザインを持つ”ミニバッグ”について解説していきます。

 

■ ミニサイズバッグの魅力

近年のキャッシュレス化に伴いお財布がミニサイズになってきていますが、バッグも必要最低限のものだけ入るミニサイズの需要が高まっており、ブランドの新作コレクションアイテムにもミニサイズのバッグが多数登場しています。

また、機能面だけではなく、アクセサリー感覚でワンポイントで身に着けることができるという、ファッションアイテムとしての使い方も魅力の一つです。

 

■ モノグラムキャンバスの魅力とは

モノグラムラインなどで使用されている素材は、モノグラム・キャンバスという名称のように、ビニールコーティングされた綿素材です。
特徴として、柔軟性と耐久性があり表面に傷がつきにくいため、長年使用しても劣化しにくく綺麗な状態を保つことができます。
また、防水性も備えており水にも強い素材です。ルイヴィトンのモチーフが散りばめられたアイコニックなデザインだけでなく、その丈夫さによって長く愛用できる素材といえるのではないでしょうか。


ルイヴィトンのコーティングキャンバスについて、さらに詳しく知りたい方はこちら
ニッポンが明治だった頃のルイ・ヴィトンのプロダクトをご紹介!>>

 

■ ミニバッグとして生まれ変わった定番バッグのご紹介

長い間、発売されている定番バッグを現代風に再解釈したミニバッグが続々登場しています。
オススメしたい最新モデルを、定番モデルのサイズと比較しながら紹介していきます。

 

1.ノエシリーズ

シャンパンを入れて持ち運べるバッグとして登場した巾着型のノエですが、ミニサイズは丸みのある可愛いらしいデザインとなっています。
巾着型なのでバッグの口が大きく開くため、物が入れやすい機能性もポイントです。

定番サイズ

▼ノエ M42224

ルイヴィトン_バッグ

横×縦×マチ(幅):約27.5 cm x 36 cm x 20 cm
ストラップ:約26 cm~32 cm 

ミニサイズ

▼ナノ・ノエ M41346

ルイヴィトン_バッグ

横×縦×マチ(幅):約13cmx15cm x 10 cm
ストラップ:約110cm

▼ノエ・パース M57099

ルイヴィトン_バッグ

横×縦×マチ(幅):約11-17cm × 11.5cm × 11.5cm
ストラップ:約112cm

 

2.サックプラシリーズ

ビジネスバッグとしても使われていたサックプラですが、ミニバッグである”プティット・サックプラ”は、デザインはミニチュアサイズとして展開されています。
また、ストラップの取り外しができる為、2WAYバッグとして使うことができます。

定番サイズ

▼サックプラ M51140

ルイヴィトン_バッグ

横×縦×マチ(幅):約36cm × 37cm × 9cm
持ち手:約33cm

ミニサイズ

プティット・サックプラ M69442

ルイヴィトン_バッグ

横×縦×マチ(幅):約14cm x 17cm x 5 cm
ストラップ:約106cm

 

3.スピーディシリーズ

スピーディは、1930年代頃に旅行者の為に作られたとも言われており、現在においても普段使いのバッグとして不動の人気があります。
ミニバッグである”ナノスピーディ”は小振りながらも、マチ幅が10㎝と少し広い為、必要最低限の私物を入れる事もできます。

定番サイズ

スピーディ・バンドリエール 25 M41113

ルイヴィトン

横×縦×マチ(幅):約25cm x 19cm x 15 cm
ストラップ:約71-77.107-120cm 

ミニサイズ

ナノ・スピーディ M61252

ルイヴィトン_バッグ

横×縦×マチ(幅):約16cm x 12.5cm x 10 cm
ストラップ:約115cm

4.ボワット・シャポーシリーズ

エレガントな帽子ケースから、ミニサイズにモダナイズされており、日常使いができるショルダーバッグに進化しています。
丸型のデザインが愛らしく、人気が高いです。

定番サイズ

ボワット・シャポー M23624

ルイヴィトン_バッグ

ルイヴィトン_バッグ

横×縦×マチ(幅)約40cmx37cmx18cm

 

ミニサイズ

プティット・ボワット・シャポー M43514

ルイヴィトン_バッグ

横×縦×マチ(幅)約17cmx16cmx7cm
ストラップ:約110-120cm

 

ミニ・ボワット・シャポー M44699

ルイヴィトン_バッグ

横×縦×マチ(幅):約13cmx12cmx6.5cm
ストラップ:約104cm – 114cm

 

”モノグラムラインのミニバッグ”の中古買取相場について

ルイヴィトンのバッグは中古市場においても、非常に人気が高いブランドです。
また、”モノグラムラインのミニバッグ”は需要が高く中古市場での買取価格が上昇しています。

なぜなら、近年のヴィンテージファッションブームに加え、ミニバッグの需要が高まっていることと、モノグラムデザインは流行に左右されない不変的な人気があるからです。

 

買取相場が高騰しているミニバッグ

トロター  M51240

ルイヴィトン_バッグ

ヴィヴァシテPM M51165

ルイヴィトン_バッグ

スポンティーニ M47500

ルイヴィトン_バッグ

レシタル M51900

ルイヴィトン_バッグ

買取相場一例

※買取相場は使用感が少ない綺麗な状態を目安としています
※数値は2021年3月時点の内容です
※買取相場は変動がございます

モデル名 参考国内定価(当社調べ) 中古品買取相場
トロター ¥81,000- ¥50,000~¥70,000
ヴィヴァシテ PM ¥84,000- ¥50,000~¥80,000
スポンティーニ ¥86,000- ¥50,000~¥70,000
レシタル ¥64,000- ¥30,000~¥50,000

 

 

■ 最後に

「せっかく高いお金を出して買うなら、使わなくなった時に高く売れる方がいい」と思われる方は、多いのではないでしょうか。
そういった方には、長く使うことができて、買取相場も安定している”モノグラムラインのミニバッグ”がオススメです。

ぜひ、お気に入りのアイテムを見つけてみてください。

 

ルイヴィトン チェック

SHARE THIS ARTICLE