KOMEHYOのパネライ買取

KOMEHYOでは、パネライを高価買取致します。
パネライは計器メーカーから時計メーカーへと進化したメーカーで、パネリスティと呼ばれる熱狂的なファンも多いため、中古でも高値で取引されています。
全国に直営店舗のあるKOMEHYOだからこそ、パネライの高価買取が可能です。
是非一度、KOMEHYOの買取サービスをご利用ください。

価値を見極め、価格を極める。

KOMEHYOとは

バイヤーが教える!“時計” の高価買取のコツ

  • ギャランティ

    ブランドが発行しているギャランティカード(保証書)が付属していると良いです。

    ※ ギャランティカードが無いと、買取をお断りするケースもあります。

  • 外装の状態

    ガラスの傷等、外装部分で消せない傷がついていないかは高額査定のポイントとなります。また、革ベルトのモデルに関しては、革の傷みや汚れ、匂い等がないことが高価買取のポイントです。

  • メンテナンス状況

    査定にお持ちいただく、直近(1ヶ月以内等)でメーカーオーバーホールやコンプリート修理をしている明細書が付属している場合、高価買取できる可能性があります。

  • 下取り

    次に買われる時計が決まっていて、当社で売って買われるいわゆる「下取り」される場合は、高くなる可能性があります。

お客様の声

  • 横浜市鶴見区H.Tさま

    受付の接客をしていらっしゃる方は笑顔がよくて美しい女性です。

    品物等鑑定なさる方も笑顔でとても信頼ができる方です。安心してお任せできます。

  • 横浜市神奈川区G.Kさま

    まだコメ兵を知らないで、他店に行って査定をしてもらい大変少なく見積れ、ショックでした。

    でもコメ兵は接客も紳士的で、分かりやすくとても気に入っています。

    よい店を選ぶことが、一番重要だとつくづく思いました。

  • 横浜市西区S.Yさま

    高価買い取りの所をさがしていた所コメ兵さんを友達が紹介してくれた。

    小池さんはとても感じ良く接客してくださり、気に入り、通っていました。

    今でも通っています。

  • 横浜市中区M.Kさま

    何度か利用されて戴いていますが、どのバイヤーの方もいつも丁寧な対応をして、買取りの説明をして下さるので、又、次回もお願いしたい気持ちになります。

    お店の雰囲気も明るい感じで、利用しやすいと思います。

BRAND HISTORY ブランドヒストリー

PANERAIパネライ

■パネライの歴史

パネライは、1860年にジョバンニ・パネライがイタリアのフィレンツェ、アッレ・グラツィエ橋付近に創業したメーカーです。時計店として店を構えながら、時計工房もかねていました。またフィレンツェで初めての時計学校でもありました。しかし、元々イタリア海軍に対して精密機器を納入していたメーカーで、今のような時計メーカーではなかったといわれています。

転機となったのは、1916年のことです。納入していた計器や装置の文字盤を発行させるための粉末ラジオミールを開発し、その後、第二次世界大戦時には特殊部隊用の腕時計であるラジオミールやルノミールの製作を行います。そして、計器メーカーから時計メーカーへと変化していき、今のパネライが出来上がったのです。現在のラジオミールも、当時製作されていたラジオミールの特徴を受け継いでいます。

初のコレクションを発表したのは、1993年のことです。コレクションはイタリア海軍の巡洋艦となっていた、ドゥランド・デ・ラ・ペンネ号でおこなわれました。民間用に3つのモデル、ルミノール、ルミノール・マリーナ、マーレ・ノストゥルムをウォッチコレクションとして発表しました。第二次世界大戦中に特殊部隊用として作られていたモデルで、時計の愛好家の中で人気が高まります。

1997年からはリシュモングループの傘下に入り、流通ネットワークが確立されます。そして、国際時計市場に本格的に参入することになりました。パネライの時計が、一般ユーザーの手に渡るようになったのです。

■パネライの魅力

パネライは、イタリア海軍で使われていたという歴史的背景が魅力の一つとなっています。特に1997年以前に製造されているパネライの時計は、かなり高値で取引されています。熱狂的なファンもおり、パネリスティと呼ばれています。

現在でも、パネリスティだけではなく、一般ユーザーからも人気が高く支持されている時計メーカーです。

お近くの KOMEHYO 買取店舗

大阪
兵庫
広島
福岡

“宅配買取”をご利用の方は今すぐこちらから!