エルメス・ボリードの特徴、サイズ、選び方、価格などを徹底解説

■INDEX

・はじめに
・ボリードの特徴
・ボリードの選び方
・素材バリエーション
・ファッションスタイル別のサイズ・カラー提案
・中古市場におけるボリードの価格について
・最後に

■ はじめに

エルメスにおいて、バーキン・ケリーと並び伝統的なアイコンバッグであるボリード。
実はファスナーによって開閉ができる構造を初めて取り入れたバッグと言われるほど、長い歴史をもつバッグです。

今回はエルメスの歴史と伝統を誇るバッグ”ボリード”について徹底解説していきます。

■ ボリードの特徴

ボリードの誕生

誕生は1923年頃と言われています。
発売当初はボリードではなく
「ブガッティ」という名称でした。ブガッティといえば、フランスの高級自動車メーカーと同じ名称ですが、自動車での移動中バッグから荷物が飛び出すことの無いようファスナーをつけたことが由来と言われています。
誕生して60年経ったのち、デイリーバッグ「ボリード」として生まれ変わりました。

発売当初のデザインを復刻した”ボリード1923”

エルメス_ボリード

ボリードの魅力

エルメス_ボリード

エルメス_ボリード

ボリードは、機能的なバッグで使いやすいという声をよく聞きます。
その理由は大きく3つあると考えます。

丸みを帯びた半円形のフォルムをしており、マチ幅が広く収納性が高い
ファスナーによるスムーズな開閉
③着脱可能なショルダーストラップによって、2WAYバッグとして使用できる

以上から、機能性が高いことに加え、女性らしい優美なデザインが人気の理由と言えるのではないでしょうか。

■ボリードの選び方

ボリードには4つのサイズ展開があります。
それぞれ特徴と併せてご紹介します。

サイズ展開

タイニーボリード

エルメス_ボリード

サイズ:約横幅15㎝×高さ10㎝×マチ幅5㎝

ポシェットサイズのボリードです。
持ち手ハンドルが短い為、ショルダーバッグとして主に使用されます。

27cm

エルメス_ボリード

サイズ:約横幅27㎝×高さ19.5㎝×マチ幅9.5㎝

小ぶりなサイズ感の可愛らしさと、エルメスの上品さを併せ持つ27㎝。
ショルダーバッグやハンドバッグとしても使い分けることができるサイズです。

31cm

エルメス_ボリード

サイズ:約横幅31㎝×高さ23㎝×マチ幅14㎝

収納力もあり、デイリーに使うことができる万能サイズです。
身体の横にかけるショルダーバッグとしては少し大きい印象になるサイズの為、ハンドバッグとして使用される方にオススメのサイズです。

37cm

エルメス_ボリード

サイズ:約横幅35㎝×高さ26㎝×マチ幅14㎝

収納力が非常にあり、ビジネスシーンなどにも使うことができるサイズです。
女性には少し大きく見えるサイズの為、男性のパートナーとシェアバッグとして使うこともオススメです。

45cm

エルメス_ボリード

サイズ:約横幅45㎝×高さ36㎝×マチ幅24㎝

存在感のある大きさが特徴のボリードです。
日常使いでは、もてあます大きさの為、旅行バッグとしての使用をオススメします。

 

■ 素材バリエーション

エルメスの高品質なレザーは種類が豊富にあり、素材によってアイテムの印象が異なります。
素材選びはエルメスバッグの楽しみのひとつです。

型押し素材

▼トリヨンクレマンス

エルメス_ボリード

▼エプソン

エルメス_ボリード

▼シェーブル

エルメス_ボリード

スムースレザー

▼スイフト

エルメス_ボリード

▼ボックスカーフ

エルメス_ボリード

エルメスの素材をさらに詳しく知りたい方はこちら>>

 

ファッションスタイル別のサイズ・カラーのご提案 

フォーマルスタイル

▼カラー名:エトープ

エルメス_ボリード

▼カラー名:ブラック

エルメス_ボリード

▼カラー名:グリス エタン

エルメス_ボリード

フォーマルな装いには荷物もしっかり入り膝の上に乗せても邪魔にならない31㎝がピッタリなサイズです。
また、カラーは落ち着いたブラック、グレートーンのカラーがオススメです。

カジュアルスタイル

カラー名:ナタ

エルメス_ボリード

カラー名:ローズコンフェッティ

エルメス_ボリード

カラー名:ブルーフリーダ

エルメス_ボリード

ショッピングやランチ、おでかけなどのご利用にはクロスボディにできる27cmがピッタリです。
愛らしいミニサイズと発色の良いカラーの組み合わせが、女性らしい雰囲気を演出してくれます。

旅行スタイル

カラー名:ナチュラル 

エルメス_ボリード

カラー名:エベンヌ

エルメス_ボリード

1泊2日分ほどの荷物がしっかり入る45cmは、旅行のおともに持ちたいサイズです。

45㎝は誕生当初から展開されているサイズと言われており、ヴィンテージカラーをイメージさせるブラウンカラーがオススメです。

中古市場におけるボリードの価格について

店頭でお客様とお話をしていると、「品物によって価格が全然違うのね」と仰る方もいらっしゃいます。
実際に、中古品でも価格が安くなっていないアイテムと、定価に対してお値打ちなアイテムが存在します。
その理由として、エルメスの中古商品の販売価格は、品物の状態や製造年数以外にサイズ、素材、カラーの評価が加わるケースが多いからです。

サイズ、素材別の参考上代

サイズと素材別で国内定価を表にすると以下のような表になります。

 

カラー サイズ/価格 トリヨンクレマンス
エトープ 31cm 国内定価 ¥980,000‐
エトープ 31cm 中古価格 ¥900,000前後
ルビー 31cm 国内定価 ¥980,000-
ルビー 31cm 中古価格 ¥600,000前後
エトープ 35cm 国内定価 ¥1,010,000-
エトープ 35cm 中古価格 ¥700,000前後

※国内定価は2021年4月時点の価格になります。
※中古価格は2021年4月時点、綺麗な状態の中古商品のおおよその相場となります。

上記の中古価格を見てみると、エトープの中古価格とルビーの中古価格に開きがある事が分かります。
エトープの31cmは需要が高く、中古価格だとルビー31cmやエトープ35cmよりも価格が高いことが分かります。これは需要と供給の差による価格差といえます。

人気が高いアイテム(サイズ×カラー×素材)ほど中古価格は高くなります。
上記の場合、素材
「トリヨンクレマンス」、カラー「エトープ」、サイズ「31㎝」の条件の場合、2021年4月現在では中古の販売価格が高くなりやすいです。

お値打ち価格のボリードを見つけるには

お値打ち価格のボリードを見つけるためのポイントは、大きく「状態」「製造年数」「素材の種類」にあると思われます。

「状態」「製造年数」については、当然のことながら、新しくて綺麗な品物ほど価格が高くなり、その逆は安くなる傾向があります。

そして「素材の種類」について価格が安くなる傾向としては、大きく2つあります。

①型押しされていない素材であること

これは、傷がついた時の目立ちにくさで”型押しされた素材”が好まれることが大きな理由と思われます。

②現行で製造されていない素材であること

現在もつくられているアイテムほど、認知度が高く、それに伴い人気や需要が高くなる傾向があるといえます。
その逆で、廃盤になったアイテムや素材は一部のコレクションアイテムを除き、中古価格は安くなる傾向があります。

廃盤素材の一例をご紹介します。
・フィヨルド
・クシュベル
・アルデンヌ
・ボックスカーフ
素材の詳細については、こちらをご参照ください>>

 

■ 最後に

今回は、ボリードのサイズ・素材・カラーや中古価格についてご紹介しました。
少しでも、ご購入前に悩んでいる方の参考になれば幸いです。
自分のイメージがまだ決まっていない方は、ぜひオンラインストアなどで、自分のイメージに合ったボリードを探してみて下さい。

 

ボリード_チェック

SHARE THIS ARTICLE