高級腕時計の時計通信

RSS

31.12.2016

【2016年】今年よく読まれた記事TOP10をご紹介!

Komehyo

ブログ担当者:小林

 

2016年も残すところあと数時間となりました。この1年は皆様にとってどんな1年でしたか?
当社スタッフが2015年8月より時計に関する知識をしたためてきたこのブログも、徐々にたくさんの方に読んでいただくことができるようになってきました。本当にありがとうございます。

 

今回は番外編として、今年最も多く読まれた記事TOP10をご紹介したいと思います。まだ読んでいない記事がある方も、すべての記事を読んだよという方も、ぜひお付き合いいただければと思います!

 

 

第10位


注目を浴びる「サファイアクリスタル」について知ろう ~サファイアガラスと呼ばれる素材とは?~

 

Apple watchの発売で注目を浴びたサファイアクリスタル。

サファイアガラスとも呼ばれるこの風防についてご紹介した記事です。

時計を選ぶ際に素材を重視される方には是非知ってほしい情報です!

 

 

 

第9位


IWC「ポルトギーゼクロノグラフ」のマニアックな選び方

 

当社女性スタッフの「男性に着けて欲しい時計」No.1がポルトギーゼクロノグラフ!

王道ではつまらない・・という方に、年代で異なるポルトギーゼの 仕様についてご紹介します。

とことんこだわって、自分のお気に入りを見つけてみては?

 

 

 

第8位


プロはこうする!高級時計の正しい使い方 ~腕時計の種類を見分ける3つの方法~

 

時計はとてもデリケートな機械!

持ちをよくするためにも、正しい使い方についての知識を持っておきたいものです。

この記事では「クオーツ」「手巻」「自動巻き」の3つの機構と、それぞれに合った正しい使い方をご紹介。

 

 

 

第7位


数々の有名人も愛用! シャネル「J12」はなぜ人気があるのか?

 

当時の時計業界に衝撃を与えたセラミック製の腕時計「J12」。

他メーカーの「セラミック旋風」を牽引したこのモデルの人気の秘密をご紹介!

 

 

 

第6位


オメガ「スピードマスタープロフェッショナル」が手巻式である理由とは?

 

NASAのアポロ計画に採用され、月に行った伝説の時計「スピードマスタープロフェッショナル」。

オメガの主力モデルとしてもよく知られています。

機械式時計の主流が「自動巻」になった今でも、この時計が「手巻」を貫くその理由とは?

 

 

 

第5位


ロレックス維持費のコストパフォーマンス~高級時計の維持費について~

 

機械式時計の購入にあたり気になるポイントの一つが、オーバーホールなどメンテナンスにかかる「維持費」だと思います。 

この記事では機械式腕時計に必要なメンテナンスの種類を解説しています。

各ブランド代表モデルのオーバーホール費用も紹介しているため、時計選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

第4位


 パネライ初心者でもわかるモデルの選び方 ~パネライの定番モデルはどれ?~

 

パッと見、「全部同じに見える」パネライの時計。でも実は、こんなに種類があるんです。

この記事では3つのステップに分けて、パネライの時計の選び方を(かなり詳しく)説明しています。 

 

 

 

第3位


なぜロレックスが時計業界のTOPにいるのか?

 

 高級時計といえば真っ先に名前が挙がるブランドが「ロレックス」でしょう!

しかし、「ロレックスの何がそんなにすごいのか」については知らない方も多いと思います。

この記事ではロレックスが生み出した3大功績と、ブランドポリシーである「普遍的なデザインの追及」について解説をしています。

 

 

 

第2位


ロレックス エクスプローラーⅠは「14270」「114270」「214270」のどれを選べばよいか?

 

 初代モデルの発売から60年以上が経ってなお色あせない究極のシンプルウォッチ、「エクスプローラーⅠ」!

時代の変化や技術の進歩とともに進化を続けるこのモデルですが、どの年代のモデルを選べばいいのかわからない、という声も多く寄せられます。

この記事では代表的な3世代それぞれの特徴をご紹介!好みの1本を探す手助けになれば幸いです。

 

 

 

第1位


【時計業界の常識】やっていませんか? 腕時計の「危険な使い方」

 

実は、日常の中でやりがちな操作があなたの腕時計の寿命を縮めている可能性も?!

やってはいけない危険な操作についてまとめた記事です。

 

 

 


 

いかがでしたでしょうか?

これからも皆様のお役に立てる情報を発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

TAGLIST

more close

RANKING

人気記事ランキング

ARCHIVE

アーカイブ