FAQ 新卒採用に関してよくある質問をまとめました。


応募・選考(新卒採用)

エントリー方法について教えて下さい。

リクナビ2019」「マイナビ2019」より受け付けています。みなさまのエントリーをスタッフ一同お待ちいたしております。

エントリー後の流れについて教えてください。

エントリー後、セミナーにご参加いただき、希望者は選考に進んでいただきます。詳しい選考フローについては、セミナーにてご案内いたします。

企業セミナーに参加しないと選考は受けられないのですか?

企業セミナーにご参加いただければ選考を受けていただくことができます。 なお、合同企業セミナーや学内セミナーに参加された方も企業セミナーへ参加していただきます。企業セミナーでは、当社の事業内容・仕事内容をわかりやすくお伝えし、当社の社風を肌で感じていただけるようプログラムを組んでいます。 ぜひ、ご参加ください。

OB、OG訪問は受け付けていますか?

新卒採用担当宛にご連絡いただければ、ご紹介させていただきます。OB、OGが在籍していない場合でも、ご希望(若手、バイヤー、男性、女性 等)のスタッフをご紹介させていただくこともできますので、一度ご相談ください。なお、時期によってはスタッフが対応できずご紹介できない場合もございますのでその際はご了承ください。スタッフとお話をしていただくことで、当社をより身近に感じていただければと思います。

選考に有利となる資格はありますか?

選考に関して有利となる資格はありません。勉強している内容での有利・不利もありません。選考では、皆さんが何に取り組み、どのように感じ、どのように成長してきたのかを背伸びをせず、正直にお話ください。

仕事内容

社員に求めることは何ですか?

「コツコツ努力すること」です。社員全体としては人間力を高める努力を求めています。人間力とは信頼感があることだと思います。仕事の中で信頼を得るには、一生懸命に仕事に取り組む姿勢を持ち続けることが大切だと考えています。実際、当社の社員は真剣に仕事に取り組んでいる社員が多いと感じます。

10年キャリアビジョンとは何ですか?

コメ兵入社後10年間で他社でも通用する人財を育成していこうという想いをまとめた教育ビジョンです。この教育ビジョンでは、業務に関する教育は現場を通して身に付けていくことを前提にしていて、社会人基礎力の向上については、人事企画部が提供する研修等を活用して高めていくプランです。

まず、10年間を3つの期間、第Ⅰ期3年、第Ⅱ期4年、第Ⅲ期3年に区分します。

第Ⅰ期は、基礎教育期間として「教わる力=受け入れる力」と販売小売業として必要なスキル、接客、計数、法律など、最低限必要なスキルを身に付けます。

第Ⅱ期は、4年目以降なので、すでに中堅社員としての自覚を持っていますので、「リーダーシップ=巻き込む力」をテーマに教育機会を提供します。外部のビジネススクールへの派遣や自己啓発支援を活用してくる時期です。また、この時期は昇格が伴う時期なので、社内検定試験によって小売業としての基本を再確認します。

第Ⅲ期は、すでにベテランと言われる期間です。この期間では、「マネジメント=導く力」を養成します。当社では選抜型の管理職育成コースを設けています。2年の間に約2~3ヶ月おきに集合研修を通してマネジメントに必要なスキルを習得します。

このように教育体制を整えていますが、受身では成長しません。自分自身の自己研鑽と日頃の現場での学びが伴うことで成長に拍車がかかります。

「ゼネラル・リーダー職」と「エリア・リーダー職」の違いを教えて下さい。

当社では、平成28年度4月より新人事制度がスタートしました。新人事制度は「ゼネラル・リーダー職」「エリア・リーダー職」を選択できるコース別人事制度となっています。「ゼネラル・リーダー職」と「エリア・リーダー職」は転勤、賃金(初任給)などに違いがあります。詳しくは、企業セミナー等でお伝えいたします。

各項目ごとの違いを整理すると以下のとおりです。
ゼネラル・リーダー職 エリア・リーダー職
転勤 あり なし
(事情により転勤する場合は異動手当を支給)
賃金(大卒初任給) 205,000 円~ 225,000 円 185,000 円~ 205,000 円
  • ゼネラル・リーダー職とエリア・リーダー職の大きな違いは、転勤にかかる負担を手当に転嫁している点です。
  • ゼネラル・リーダー職には、エリア・部門を問わないで幅広くキャリアを形成し、全国的なリーダーとして活躍していただくことを期待しています。
  • エリア・リーダー職には、地域を限定することで安定したキャリアを形成し、各地域のリーダーとして活躍していただくことを期待しています。
  • ゼネラル・リーダー職とエリア・リーダー職との間で、実務において求めるレベルに差はありません。

勤務地、配属先の希望はどの程度考慮されますか?

本人の適性を考慮しながら、できるだけ希望通りになるよう決定していきますが、各部門ごとでの人員計画がありますので、全員の方が希望通りになるわけではありません。現在、入社後最初の勤務地は、大規模店舗の存在する東京か名古屋のどちらかになります。どの部門、どの地域に配属されたとしても、最大限の力を発揮することのできる方に入社していただきたいと考えています。

入社後の転勤や異動はありますか?

[転勤]
「ゼネラル・リーダー職」を選択すると、東京・横浜・埼玉・千葉・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡に店舗がありますので、転勤となる可能性があります。転勤者は、借り上げ社宅や地域手当によってどの地域に転勤となっても大きく生活レベルが変わることはありません。
[異動]
転居を伴う異動は「ゼネラル・リーダー職」のみです。「エリア・リーダー職」は転居を伴わない同一部内の異動や、営業本部⇔管理本部などの異動は存在します。

スタッフは全てのブランド情報を覚えるために、どんな勉強をしていますか?

現状、全スタッフが全ての情報を身に付けられているわけではありません。日々、雑誌に目を通したり、カタログに目を通したり、フロアにある教材を使って商品知識を得る努力をしています。人から教えてもらう姿勢では商品知識力の向上にはならないので、自分でコツコツ努力して身に付けていくことが大切です。

長く働き続けるために必要な心構えは何ですか?

一生懸命に仕事に取り組む熱意と様々なことを受け入れる誠意。熱意と誠意があると、周囲からの信頼を得て自らの存在意義を自覚できるようになると思います。こういったことが励みになって仕事を追求していこうと思うようになって、結果として長く続けることができたということになるのではないでしょうか。

買取担当者(バイヤー)になるためにどのくらいの期間がかかりますか?

取扱商品や個人によっても差がありますが、バイヤーになるための勉強を始めてから半年~1年くらいが平均的です。バイヤーとしてデビューしてからも、売場での情報収集や新しい商品についての知識習得など、日々の勉強やレベルアップするための努力は欠かすことができません。

バイヤーに求められる適性は?

熱意を持って仕事に取り組む姿勢と、常に感謝の気持ちを忘れず、相手に誠意を伝える姿勢は最低限備えておいて欲しいです。ただ、バイヤーのみに限定しているものではなく、社会人として必要な取り組み姿勢と思っています。

女性バイヤーの割合は?

商品上の特性とキャリア志向の違いから偏りがあります。時計は女性バイヤーの比率が低く、特に衣料は女性バイヤーが育ってきています。宝石とバッグは販売に専念したいという女性の比率が高かったです。今では、会社としては女性バイヤー育成の機会を提供し、30%近くの比率となっています。ただ時計は機械モノということから女性に苦手意識があるのではないかといった誤解もあり、20%を切っています。しかし、ここ2~3年では宝石、時計でも数名の女性バイヤーがデビューしていますので、このような誤解が解消されていると思います。

一発査定はどうして行っているのですか?

査定時にお客様に対して一発回答をしている理由は、お客様によって買取価格を変更したくないからです。お客様の交渉力によって価格を変更することは交渉力のないお客様にとって不利になります。当社が行っている買取業務はお客様によって価格を決めているのではなく、商品の内容によって価格を決めることを前提にしています。お客様の交渉力次第で買取価格を変えることは、お客様からの信頼を得ることにはつながらないと考えています。

福利厚生にはどのようなものがありますか?

「社員持株会制度」「財形貯蓄」等、社員の財産作りをサポートする制度を設けています。その他「従業員割引制度」「保養所(全国各地の契約施設が利用可能)」「各種クラブ活動」「メンタルヘルスサポート制度」等、ライフスタイルにあった制度を利用していただくことが可能です。

休日、休暇、有給の取得状況について教えて下さい。

当社では年間の所定休日数を115日と定めています。現時点では、ほぼ所定休日を取得できている状況だと認識しています。ただ、年末のセール時期や社員やアルバイトの退職により休日出勤することがあります。有給休暇は全社の取得率が50%前後ですので、一般企業の平均値と遜色ないレベルです。当社では年2回5~6日の長期連休を奨励していますので、長期休暇に有給休暇を含めるように推奨しています。

休みはどのように決めるのですか?土日の休みは取れますか?

当社は1ヵ月毎の変形労働時間制を採用しているため、1ヶ月ごとに希望出勤日(休日)を提出し、フロアごとでの出勤を確定します。1ヶ月平均で165時間勤務、休日9~10日間です。

小売業ですので、土日祝日は一番の繁忙期であり、売場スタッフにとっては常にお客様にご迷惑をおかけしない十分な体制を整えておく必要があります。ただし、売場の都合に応じて繁忙期やセール期間等でなければ、1ヶ月に2・3日程度、交代で土日休みを取ることも可能です。

出産後も働ける制度は整っていますか?

当社においても徐々に育児休暇を利用して復職するスタッフが増えてきました。
育児支援制度は以下のとおりです。

<法律上>   <当社の制度上>
「育児休業期間」を1年間 最長3年間取得可能
「短時間勤務制度」を3歳未満まで 小学校3年生まで取得可能
「子供の看護休暇」を5日 10日取得可能
「育児相談窓口」を設置    
「配偶者出産休暇」を1日 2日取得可能

当社は、新品と中古品を扱うため専門的な知識が必要なことから、人財育成が非常に重要であり、時間を要します。そのためすでに多くの経験を積んだスタッフが復職してくれることは、1からスタッフを教育するよりも大きなメリットがあります。

その他

中途採用は募集していますか?

中途採用に関しましては、随時ご応募を受け付けております。なお、年齢にかかわらず社会人歴のある方は新卒採用にご応募できません。中途採用にてご応募ください。