KOMEHYOのグッチ買取

KOMEHYOでは、グッチ を高価買取致します。
グッチはブランドとして知名度が高く、バンブーシリーズやGGラインなど、定番となっているデザインも多いです。落ち着いたデザインで、男性からも女性からも高い人気があります。
全国に直営店舗のあるKOMEHYOだからこそ、グッチの高価買取が可能です。
専任の熟練バイヤーがお客様の大切な商品を、正確に、そして誠実に査定させていただきます。是非お気軽にお近くのKOMEHYOのお店か、無料の宅配買取をご利用くださいませ。

価値を見極め、価格を極める。

KOMEHYOとは

バイヤーが教える!“ブランド品” の高価買取のコツ

  • 売るタイミングはいつがいい!?

    ブランド品の流行サイクルは非常に早いです。そのため、高く売るにはなるべく早くが原則です。一般的にはアパレル品・バッグなどの革製品・時計・宝石の順に流行のサイクルが早くなります。これは品物の耐久年数にも関係があり、サイクルが早いものほど、コンディションを保つことも難しくなります。流行サイクルのみならず、コンディションも査定額には大きな影響がありますので、売るのはなるべく早くが原則です。

  • ギャランティカードは必須!!

    ブランド品にはよくギャランティカードと呼ばれるブランド発行のカードが付属しています。カードが無くても使用するのには差し支えないものですし保証書のような特別な効果があるわけではないので、査定に影響がないと思われがちですが、店側はカードと商品を付け合わせる事により、品質が確認できたり様々な情報が読み取れ、より精緻なメンテナンスが可能になったりと付加価値が生まれます。ギャランティカードは一緒に査定にお持ちください。

    ※ ブランドや商品によっては付属していないケースもあります。

  • 修理をするときは純正品!!

    使用している間にぶつけてしまって破損!! …そんな時、身近にある代わりのスナップなどの部品を付けたりする場合もあるかと思いますが、実は修理をした際にブランド純正ではないパーツをつけてしまうと、その時点でブランド品として査定できなくなってしまいます。修理の際は、できるだけ純正品のパーツを使用してもらう、もしくは、代わりのパーツを使用した場合でも、取れてしまった純正パーツは捨てずにとっておき、査定のときに一緒にお持ちください。

  • 希少モデルを狙う!?

    少し上級編ですが、ブランド品購入時に希少なモデルを狙ってみましょう。人気商品は高く買います、などというフレーズを耳にした事はあると思いますが、人気があるとはどういった状態を指すのでしょうか。人気は需要と供給のバランスで決まります。その商品を販売している数よりも欲しいという人が多ければ需要の方が大きい=人気がある状態となります。ブランド品にはそもそもの供給が少ない限定モデルなどが販売されることもよくあります。そういった商品は人気になることも多く査定額が高くなりやすい傾向にあります。

お客様の声

  • 横浜市鶴見区H.Tさま

    受付の接客をしていらっしゃる方は笑顔がよくて美しい女性です。

    品物等鑑定なさる方も笑顔でとても信頼ができる方です。安心してお任せできます。

  • 横浜市神奈川区G.Kさま

    まだコメ兵を知らないで、他店に行って査定をしてもらい大変少なく見積れ、ショックでした。

    でもコメ兵は接客も紳士的で、分かりやすくとても気に入っています。

    よい店を選ぶことが、一番重要だとつくづく思いました。

  • 横浜市西区S.Yさま

    高価買い取りの所をさがしていた所コメ兵さんを友達が紹介してくれた。

    小池さんはとても感じ良く接客してくださり、気に入り、通っていました。

    今でも通っています。

  • 横浜市中区M.Kさま

    何度か利用されて戴いていますが、どのバイヤーの方もいつも丁寧な対応をして、買取りの説明をして下さるので、又、次回もお願いしたい気持ちになります。

    お店の雰囲気も明るい感じで、利用しやすいと思います。

BRAND HISTORY ブランドヒストリー

GUCCIグッチ

■グッチのブランドヒストリー

グッチはグッチオ・グッチが1921年に創業したファッションブランドです。グッチオ・グッチはフィレンツェで生まれ、その後ロンドンに移り住みました。ロンドンでイギリス貴族の感性に刺激を受けたグッチオ・グッチは、高級革製品を扱う店としてグッチをスタートさせました。数年でグッチは成功をおさめ、革製品の中でも乗馬をモチーフとした製品が人気となりました。

しかし、第二次世界大戦がはじまると皮革が使えなくなってしまい、その代用品としてキャンバス地にコーティングをした素材を使うようになりました。この代用品が思わぬ人気を博し、急速にグッチの人気は高まっていきます。同時期には、今でもグッチの定番として受け継がれているバンブーバッグも考案され、グッチのアイコンとして知られるようになります。

1953年にグッチオ・グッチが亡くなったあと、彼の息子たちが事業を継承していきます。「緑-赤-緑」の織物も後に発案され、今ではグッチに欠かせないトレードマークとなっています。

1960年代にはGが2重になったGGマークが採用され、グッチのシンボルになりました。

■グッチの魅力

長く受け継がれているハイセンスなデザイン、そして定番となった安定感のあるGGマーク、長く愛用できるようにこだわり抜かれた革の質など、様々な点で一流ブランドとしての風格があります。

またデザインは落ち着いているものが多く、世代を超えて人気が高いのも、グッチの魅力です。

■グッチの定番

グッチの定番となっているのは、竹素材を使ったバンブー、バンブーハンドルを使用したバンブーショッパー、シンプルで革の素材が活かされたホーボー、プッシュロック式のクロ―ジャーが印象的なジャッキーバッグなど、多く挙げられます。

お近くの KOMEHYO 買取店舗

大阪
兵庫
広島
福岡

“宅配買取”をご利用の方は今すぐこちらから!

買取ブランド例

※ ブランドの一例です。記載されていないブランドでも買取をさせていただける場合がございます。詳細はお問い合わせください。

YSL / YSL
YVES SAINT LAURENT / イヴサンローラン
VALENTINO GARAVANI / ヴァレンチノ
EMILIO PUCCI / エミリオプッチ
HERMES / エルメス
GUCCI / グッチ
Chloe / クロエ
GHERARDINI / ゲラルディーニ
GOYARD / ゴヤール
SAINT LAURENT / サンローラン
JIMMY CHOO / ジミーチュー
CHANEL / シャネル
CELINE / セリーヌ
C.Dior / ディオール
TOD'S / トッズ
TORY BURCH / トリバーチ
BALLY / バリー
BALENCIAGA / バレンシアガ
HUNTING WORLD / ハンティングワールド
SALVATORE FERRAGAMO / フェラガモ
FENDI / フェンディ
PRADA / プラダ
BOTTEGA VENETA / ボッテガヴェネタ
MARC JACOBS / マークジェイコブス
MICHAEL KORS / マイケルコース
MIU MIU / ミュウミュウ
LANVIN / ランバン
LOUIS VUITTON / ルイヴィトン
LOEWE / ロエベ
LONG CHAMP / ロンシャン